Record China

ヘッドライン:

韓国、16分で国土縦断できる“夢の列車”を開発へ=韓国ネットは疑問視「駅まで1時間かかるんだが…」「2020年の月探査計画よりばかげてる」

配信日時:2016年7月24日(日) 10時30分
拡大
21日、韓国の蔚山科学技術大(UNIST)が、ソウル−釜山間を16分で走ることのできる「夢の列車」開発に着手することを明らかにした。写真は釜山。

2016年7月21日、韓国の蔚山科学技術大(UNIST)が、ソウル−釜山間を16分で走ることのできる「夢の列車」開発に着手することを明らかにした。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

開発が進められるのは、減圧したチューブ内をカプセル状の車両が空中浮上し進むことで最高時速1200キロという超高速移動を可能にする「ハイパーループ」と呼ばれる交通システム。時速800キロほどの飛行機よりも速く、現在韓国で運行される高速鉄道(KTX)の約4倍のスピードだ。

UNISTはプロジェクト「U−Loop(ユーループ)」を立ち上げ、ハイパーループの核心要素であるチューブ内の減圧や摩擦を最小化する列車の浮上・推進の技術開発に乗り出す。システムの原理は米国の実業家イーロン・マスク氏が13年に公表したものだが、列車の浮上・推進方法では氏の構想とは異なるUNIST独自の方式を採用する方針だという。実物の完成目標は5年後、研究費として14億ウォン(約1億3000万円)が投じられる計画だ。

この報道に韓国のネットユーザーからは大きな注目が集まっているが、寄せられたコメントの多くは研究の実効性を疑問視するものだ。

「文字通り『夢の列車』だよ。目を覚ませ」

「5年で14億?食費と事務用品代で終わりそう」

「仮に実現したとしても、途中駅が増えてソウル−釜山も1時間はかかる」

「それより今運行している列車が故障しないように管理してくれ」

「政府がどれだけ無知かが実によく分かる例だ。何兆ウォンもの間接的な効果が見込まれるものに、研究費がたった14億だなんて」

「韓国で使わないにしても技術を持つことはいいことだが…14億ウォンでものになる技術じゃないだろう」

「しっかり監査してくれ。なんだかんだと研究費が横領されないように」

「おもちゃの列車でも作るつもり?」

「駅まで行くのに1時間かかるんですけど?」

「そんなに早く着きたいなら前の日に出発すればいいだけの話」

「2020年の月探査計画よりばかげてる」(翻訳・編集/吉金

在日中国人、在日韓国人の情報大募集!
あなたが知っている日本で奮闘中の中国人・韓国人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

「旧ソウル駅のモデルは東京駅ではない」韓国メディア報道に韓国人も疑問符「日本が建ててくれたとなぜ言えない?」「何にしても模倣には違いない」

7日、韓国・ソウルの旧ソウル駅舎の竣工当時の図面原本が初めて公開されたことを受け、韓国・ノーカットニュースは、同駅舎のモデルは東京駅ではなくスイスの駅だと報じた。写真は東京駅、旧ソウル駅、ルツェルン駅。

Record China
2016年7月8日 12時30分
続きを読む

「日韓海底トンネル」実現へ前進か?韓国側の必要性訴えに韓国ネットは反発「日本にだけいいことばかり」「日本人に近づくと痛い目みるよ」

2日、韓国メディアによると、日韓の長年の懸案となっている「日韓海底トンネル」の開発論議が本格的に進められる可能性が出てきた。韓国海洋水産部長官を務めた東明大の呉巨敦総長が、日本でトンネルの必要性を改めて訴えるという。資料写真。

Record China
2016年6月3日 8時10分
続きを読む

ランキング