Record China

ヘッドライン:

<南シナ海問題>「九段線」印刷の中国旅券、ベトナムが入国スタンプ押印を拒否―中国メディア

配信日時:2016年7月21日(木) 7時50分
拡大
20日、ベトナム政府は中国が南シナ海全域に主権や権益が及ぶと主張する根拠となっている「九段線」が印刷された中国の新版パスポートに入国スタンプを押すことを避けるため、別紙による単発の到着ビザの発行を開始した。写真は中国のパスポート。
(1/2枚)

2016年7月20日、国際在線によると、ベトナム政府はこのほど、中国が南シナ海全域に主権や権益が及ぶと主張する根拠となっている「九段線」が印刷された中国の新版パスポート(旅券)について、ベトナムへの入国スタンプを押すことを避けるため、あえて別紙による単発の到着ビザの発行を開始した。

その他の写真

ベトナム紙・青年報によると、ベトナム北西部で中国と国境を接するクアンニン省の幹部が明らかにした。12年に発行された中国の新版パスポートは、ビザ(査証)のページに薄く印刷された地図に、はっきりと「九段線」が印刷されている。ベトナム政府はパスポートに直接入国スタンプを押した場合、「九段線」の存在を認めることになると判断。別紙でビザを発行し、そこへスタンプを押すことで抗議の意志を表明するものとみられる。

パスポートの「九段線」については、フィリピンやインドなど中国と領有権を争っている国々が相次いで抗議の意を表明。フィリピンは別のビザ用紙にスタンプを押している。インドは独自の地図を印刷した紙でビザを発行。そこにスタンプを押すなどの対策を取っている。(翻訳・編集/大宮)

「もっと多くの人に届けたい」
あなたが知っている日中に関する情報募集中!ご連絡はこちらまで

関連記事

台湾パスポートに「万里の長城や黄河入れよ」、野党議員が中国に反発―中国紙

18日、中国の新版パスポートに記載された地図に台湾の景勝地が含まれている問題で、台湾野党の一部議員が「台湾パスポートの地図に万里の長城や黄河を盛り込むべきだ」と求めるなど波紋が広がっている。写真は2012年5月より新たに発行されている中国のパスポート。

Record China
2012年12月20日 8時10分
続きを読む

なぜ南シナ海仲裁判決への抗議はKFCだけでマクドナルドではないのか?中国ネットが議論「マクドナルドが米国から来ていると知らなかったからだ」

19日、中国のポータルサイト・今日頭条は南シナ海仲裁判決への抗議活動がケンタッキーフライドチキンでは行われたのにマクドナルドにはなかった理由について尋ねる記事を掲載した。中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年7月20日 10時30分
続きを読む

ランキング