Record China

ヘッドライン:

韓国人を夢中にさせた中国語映画とは?人気上位はあの作品―中国メディア

配信日時:2016年7月19日(火) 11時40分
拡大
1/2枚
2016年7月18日、韓国人を夢中にさせた中国語映画として「男たちの挽歌(ばんか)」や「インファナル・アフェア」など人気作の名前が挙がり、韓国の映画ファンがそれぞれの作品への感想や思いを語っている。国際在線が伝えた。

その他の写真

「韓国人を夢中にさせた映画」としてまず名前が挙がったのが、ジョン・ウー(呉宇森)監督の「男たちの挽歌」だ。昨年の韓流ドラマ「応答せよ1988」の中に登場したことで、再び脚光を浴びた不朽の名作。この作品について韓国の映画ファンからの声は以下の通り。

「見終わって何も感じないなら男じゃない」
レスリー・チャン(張国栄)を目当てに見たら、チョウ・ユンファ(周潤發)にハートを撃ち抜かれた。それ以来ずっとファン」
「今の若者には理解できないだろうが、当時の映画館では、上映が終わるとスタンディングオベーションが起こった。あれは本当に忘れられない」

アンディ・ラウ(劉徳華)とトニー・レオン(梁朝偉)、2大スターが競演した「インファナル・アフェア」も人気が高い。

「今まで見たポリスアクションで最高の映画」
「この映画を見たせいで、香港に憧れて旅行に行った」
「トニー・レオンの憂いを帯びた目は本当に危険だ」

3番目に名前が挙がったのは、若い頃のアンディ・ラウ主演映画の中でも「最高傑作」との呼び声が高い「ファイナル・ロマンス/天若有情」だった。

「20年後に見ても、ラストでやっぱり泣いてしまった」
「BEYONDの歌と共に、本当に切ない気持ちにさせられる」
「若い頃に見た中で最高の映画だ。絶対にリメークしてほしくない」

このほか、京劇の世界に生きる役者2人の愛と運命を描いた「さらば、わが愛/覇王別姫」、ジャッキー・チェン(成龍)の80年代の人気作「プロジェクトA」、西遊記をベースにしたファンタジー映画「チャイニーズ・オデッセイ」、すれ違い続ける男女を切なく描いた「ラヴソング」、韓国でもジョイ・ウォン(王祖賢)の人気が沸騰した「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」の名前が挙がっている。(翻訳・編集/Mathilda
在中、在韓日本人の情報大募集!
あなたが知っている中国や韓国で奮闘中の日本人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

韓国で「ポケモンGO」が大人気!130万人がDL、利用できないはずなのになぜ?=韓国ネット「ポケモンというコンテンツ力」「韓国は規制だらけ」

15日、韓国・ヘラルド経済によると、これまで韓国では利用することができなかった「ポケモンGO」が、江原道束草で利用できるという話が出ている。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

Record china
2016年7月16日 18時50分
続きを読む

韓国メディア「トヨタが韓国でうその宣伝」と告発報道=韓国ネット「がっかりだよ!」「日本は嫌いでも、職人精神だけは認めていたのに…」

7日、韓国・テレビ朝鮮は、トヨタ自動車が韓国で販売する車についてバンパーの安全装置を取り外していた上、「安全だ」とうその宣伝まで行っていると厳しく追及する記事を報じた。写真はトヨタ自動車ロゴ。

Record china
2016年7月9日 7時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング