「リニア建設に問題なし」との報告書、健康被害を不安視する住民は反発―上海市

配信日時:2008年1月8日(火) 11時33分
「リニア建設に問題なし」との報告書、健康被害を不安視する住民は反発―上海市
画像ID  99532
2008年1月、上海―杭州間リニア建設に関する環境アセスメント報告書が発表された。報告書は「建設に問題はない」と結論づけ、市民の反発を招いている。写真は運行中の上海市内と空港とを結ぶリニア。
2008年1月、上海―杭州間リニア建設に関する環境アセスメント報告書が発表された。リニアの建設は健康被害を不安視する住民の反対によって一時中断されていたが、報告書は「建設に問題はない」と結論づけ、市民の反発を招いている。人民ネットが伝えた。

その他の写真

建設に反対する住民代表の顧起東(グー・チードン)氏によると、同氏の住むマンションの住民は上海南駅建設などの騒音に悩まされており、ここにリニアの騒音が加わることは耐え難いと話した。また上海ー杭州間リニアはドイツの技術を用いて建設されるが、ドイツでは強力な磁場による健康被害を避けるため路線の周囲300mが緩衝地帯とされているのに対し、上海市では十分な緩衝地帯が確保されていないことも不安の原因となっている。

同済大学の孫章(スン・ジャン)教授によると、住民の反対からリニアの路線が一部変更され、騒音や磁場の問題など住民に与える影響がより少なくなるよう配慮されたという。建設には約1年9か月かかり、今着工すれば2010年の上海万博前の完成は可能だという。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事