Record China

ヘッドライン:

韓国が大気汚染対策の新政策を発表、「スモッグの発生源は焼き魚?それとも中国?」と疑問の声―中国メディア

配信日時:2016年7月5日(火) 12時50分
拡大
3日、韓国政府がこのほどスモッグ対策の新たな政策を発表したが、メディアや国民の間から疑問の声が上がっている。写真はソウル。

2016年7月3日、中国メディア・一財経によると、粒子状物質PM2.5など大気汚染が韓国で社会的関心の高い問題となっている。朴槿恵(パク・クネ)大統領も「スモッグが国民の安全と健康を脅かす重大な問題となっており、国家レベルで対応する必要がある」と述べ、韓国政府はスモッグ対策の新たな政策を発表したが、メディアや国民の間から疑問の声が上がっている。

韓国政府が1日に発表したPM2.5対策の実施規則では、2026年までに首都ソウルのPM2.5平均濃度を現在の1立方メートル当たり23マイクログラムから18マイクログラムに抑制して、欧米先進国並みにすることが目標となっており、5兆ウォン(約4500億円)が投じられる。実施規則には具体的な内容が記されているが、メディアや世論は「汚染の発生源についてはまったく触れておらず、場当たり的に打ち出した政策でしかない」と批判の声が高まっている。

韓国環境部がこのほど発表した報告書では、大気汚染が急速に悪化したのは「魚を焼く煙が原因だ」とされ、国民から嘲笑の的となり、その結果、政府は謝罪せざるを得なくなる事態となった。国民や専門家はスモッグの原因は中国にあるとみているが、それを裏付ける公的なデータは現時点では存在しない。

韓国・慶熙大学校の環境問題専門家は、汚染物質の発生源やその量といった基本的な問題をまったく明らかにせず、大統領の指示から3週間以内に急いで作成したもので、「竜頭蛇尾のような政策でしかない」と話している。(翻訳・編集/岡田)

在中、在韓日本人の情報大募集!
あなたが知っている中国や韓国で奮闘中の日本人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

韓国の大気汚染要因、サバに次ぐ新たな“容疑者”浮上=韓国ネット「さすが中国の属国」「次はアフリカ辺りから飛んで来たと言うつもり?」

21日、韓国の大気汚染物質の発生源として、これまでディーゼル車や火力発電所、そしてサバの塩焼きや焼き肉までが取り沙汰されてきたが、このほど「ロシア」が新たな“容疑者”として浮上した。写真はソウル。

Record China
2016年6月23日 7時10分
続きを読む

韓国が“テーマパークの墓場”になっている理由とは?=韓国ネット「それが韓国の欠点なの?」「全てにおいて“中途半端”だから」

16日、中国本土初となる上海ディズニーランドが正式開園して注目を集める中、韓国メディアは、「韓国がテーマパークの墓場になっている理由」について報じた。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真はロッテワールド・アドベンチャー。

Record China
2016年6月18日 16時20分
続きを読む

外国人観光客の誘致実績、日本が韓国を大きく逆転=韓国ネット「別に驚かない」「韓国が日本より優れているところって?」

31日、韓国メディアによると、昨年、日本が韓国より多くの外国人観光客を誘致し、両国の実績が逆転したことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はJR上野駅の外国人観光客。

Record China
2016年6月2日 1時40分
続きを読む

ランキング