Record China

ヘッドライン:

日本の小学生が学校で大便をしたくない驚きの真相―中国メディア

配信日時:2016年7月1日(金) 4時40分
拡大
29日、参考消息網は、「日本の小学生が学校で大便をしたくない驚きの真相」と題する記事を掲載した。資料写真。

2016年6月29日、参考消息網は、「日本の小学生が学校で大便をしたくない驚きの真相」と題する記事を掲載した。

台湾メディア・中央通訊社によると、今年3月に日本の47都道府県の小学生を対象に行われた調査で、5人に1人が「便秘」であることが分かり、2人に1人が「学校で大便をしない」または「我慢する」と回答した。

「学校で大便をできない」と回答した小学生のうち、55.9%が「友達に知られたくないため」としている。「学校で大便をして笑われたか」では、18.0%が「よく笑われる」または「時々笑われる」と回答。学年が上がるにつれて、他人の目を気にするようになることも分かった。

専門家は、「長期的な便秘は身体に悪影響を及ぼす。便秘は慢性的な病気で、子どもは気付きにくい。気付いたとしても親が軽く見ていると改善しない」とし、最も重要なのは無理に我慢しないことだと指摘している。(翻訳・編集/北田

在日中国人、在日韓国人の情報大募集!
あなたが知っている日本で奮闘中の中国人・韓国人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

「ポイ捨てはダメ!」=日本人に注意された中国人親子の反応は?―中国人学生

中国人観光客のマナーの問題が各国で指摘される一方で、中国人自身も自国民のマナーの悪さを認識している。淮陰師範学院の趙含嫣さんは、日本人の先生を案内したときの出来事から、中国人のマナー問題についてつづっている。写真はペットボトルの水。

日本僑報社
2015年10月9日 17時47分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング