Record China

ヘッドライン:

「中国ネットユーザーがレディー・ガガに激怒」は本当か?中国版ツイッターに寄せられたコメントは…

配信日時:2016年6月29日(水) 16時0分
拡大
28日、中国紙・環球時報は、「中国のネットユーザーがダライ・ラマ14世と面会したレディー・ガガを猛烈に批判している」と報じたが、実際のところはどうなのか。写真はダライ・ラマ14世。

2016年6月28日、中国紙・環球時報は、「中国のネットユーザーがダライ・ラマ14世と面会したレディー・ガガを猛烈に批判している」と報じたが、実際のところはどうなのか。

記事によると、米国のトップアーティストであるレディー・ガガは現地時間26日、米国でダライ・ラマ14世と面会したときの様子をインスタグラムなどに投稿。2人は「思いやり」について意見を交わしたそうだ。

これを受け、中国のネットユーザーからは「中国のファンの気持ちを考えていない!」「中国人の目にテロリストと映る人物が好きだということか。すべての中国人を軽視している」「宗教の自由を笠に着ても、ダライ・ラマのチベットにおける残虐な統治を許してはならない」といったコメントが殺到したという。

中国のネット上には確かにガガに批判的なコメントも出ているが、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では、「『批判しているユーザー』に私は含まれません」「中国人には言論の自由はないが、他人にも許さないのか」「チャンスがあれば私もダライ・ラマに会ってみたい。何か問題でも?」「彼女が誰と会うかは彼女の自由で、彼女が発している言葉も問題ない。彼女のSNSにアクセスするにはVPNが必要。分かるよね?」といったコメントも見られる。

また、一部で「レディー・ガガは中国市場を失うことになる」と報じられていることについて、「中国市場って、彼女はずっと封殺されてるだろう。失う市場なんてない」「そもそも中国は一貫して彼女を封殺してきた。中国のファンの気持ちを考える義務なんてない」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田

在日中国人、在日韓国人の情報大募集!
あなたが知っている日本で奮闘中の中国人・韓国人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

オバマ大統領がダライ・ラマと会談、中国は「米中関係を損なう」と批判=米国ネット「仏教について学んでいるが…」「中国は既に米国を憎んでいる」

16日、AFP通信によると、オバマ米大統領がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と会談したことを中国が批判した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年6月17日 10時30分
続きを読む

中国が神経とがらすチベット自治区、新疆ウイグル自治区と並ぶ“火薬庫”、独立運動への関与理由に独議員の入国拒否

中国のチベット自治区は、同じような独立運動を抱える新疆ウイグル自治区と並ぶ中国の“火薬庫”。最近もチベット独立運動への関与を理由に、独国会議員の中国入国を拒否するなど、神経をとがらせている。写真はダライ・ラマ14世。

Record China
2016年5月21日 23時40分
続きを読む

ランキング