Record China

ヘッドライン:

「中国を恐れ、米空母が脱出演習」中国メディアの“トンデモ”報道が笑いものに―仏メディア

配信日時:2016年6月27日(月) 13時10分
拡大
26日、RFI中国語版サイトは記事「“東風ミサイルを恐れた米軍が海に飛び込む練習を開始”中国サイトの大ボラがネットユーザーの笑いものに」を掲載した。米軍のレクリエーション活動は中国が恐れたためだと分析している。

2016年6月26日、RFI中国語版サイトは記事「“東風ミサイルを恐れた米軍が海に飛び込む練習を開始”中国サイトの大ボラがネットユーザーの笑いものに」を掲載した。

南シナ海問題の緊張が高まる中、米軍は同海域にジョン・C・ステニスとドナルド・レーガンを展開した。空母2隻の同時展開は異例で、米軍の強硬姿勢がすけて見える。中国メディアも空母の動向に注目しているが、そうした中、ネットユーザーを爆笑の渦に放り込んだ“トンデモ”ニュースが登場した。

米軍にはSwim Callという伝統行事がある。空母など艦艇の甲板から海に飛び込むというもの。緊張を解く、一種のレクリエーション行事だ。ジョン・C・ステニスでも先日、Swim Callが行われ、フェースブックでその写真が公開された。

中国共産主義青年団系のサイト「未来網」や大手ニュースサイトなど、複数の中国メディアはこの写真を引用し、「中国の東風大艦ミサイルが怖い?米軍が空母を捨て海に飛び込むトレーニングを実施」との記事を掲載。「米軍のスローガンは攻撃されたらすぐ飛び込む。平時のトレーニングは戦時に命を守るためなのだ」と“トンデモ”解説を載せたばかりか、ご丁寧にも空母がミサイル攻撃を受けて爆発している合成写真まで掲載している。

事実をねじまげ、都合のいい大ボラ介錯を掲載した中国メディアに、中国ネットユーザーは爆笑。「こんなバレバレのうそで記事を作るなんて…。面の皮が厚すぎる」「これぞ精神勝利法!魯迅の時代から中国人の精神は変わってないな!」などツッコミが寄せられている。(翻訳・編集/増田聡太郎

在中、在韓日本人の情報大募集!
あなたが知っている中国や韓国で奮闘中の日本人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

<南シナ海>本気で怒った米国、空母2隻を展開=中国は人工島埋め立てを断念か―米華字紙

25日、米華字紙・多維網は記事「米空母に怯えた中国、スカボロー礁の埋め立てを回避―米専門家」を掲載した。空母2隻を展開した米国の強硬姿勢に、中国はスカボロー礁埋め立てを見送るなど挑発行動を慎んでいるという。資料写真。

Record China
2016年6月27日 7時20分
続きを読む

尖閣周辺での海上警備力で中国が日本を大きく上回る=「俺たちの海域は広いから当然のこと」「まだまだ少なすぎる」―中国ネット

11日、中国メディアの参考消息網は、日本メディアの報道を引用し、日中の海上警備力が逆転し、その差がどんどん開いていると伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年6月12日 21時10分
続きを読む

中国初の国産空母、全体像が初めて公開=韓国ネット「韓国のミサイル配備には反対しているのに?」「中国はアジア全土を属国だと思っているのか」

6日、中国が自主開発した技術を利用して初の国産空母を建造しているが、その全体像を写した写真と映像が初めて公開された。韓国ネットでは不安が広がっている。写真は中国初の空母「遼寧号」。

Record China
2016年6月10日 15時0分
続きを読む

ランキング