Record China

ヘッドライン:

日本の少年サッカーに見る人格教育(2/2):負けても「感謝」と「祝福」を忘れない選手たち―中国メディア

配信日時:2016年6月24日(金) 9時10分
拡大
22日、新浪体育は、日本の少年サッカーが人格教育にヒントを与えているとする記事を掲載した。写真は日本の中学生のサッカー。

2016年6月22日、新浪体育は、日本の少年サッカーが人格教育にヒントを与えているとする記事を掲載した。

子どもたちにとって最もつらいのは冬。冷たい雨が降ったり、霜が降りたりすることもある。しかし、子どもたちはどんなに寒くても自分で着替え、グラウンドに集まる。日本のような経済が発展した国でも、子どもたちみんなが芝の上で練習できるとは限らない。雨の後のグラウンドで泥だらけになって練習することもあるが、どんなに苦しい環境でも夢のために自分を奮い立たせる。

ある少年サッカーチームのコーチを務める山口さんは、「子どもたちの思考力、想像力を引き出してあげないといけないので、コーチとして教えながらも、教え過ぎないように気を付けている」と話す。サッカーは団体で行い、作戦が重要なスポーツだ。選手には、記憶力、想像力のほか、視野の広さが求められる。サッカーをすることは、これらを身に付ける絶好の方法だと言える。

サッカーボールは丸く、試合ではどんなことも起こり得る。それは、私たちの人生と非常に似ている。しかし、失敗したからといってそれが終わりではない。次の試合のホイッスルが新たなスタートになる。日本では敗れたチームは涙を流すが、応援してくれた人たちにお辞儀をして感謝を示すことや、相手チームへの祝福は忘れない。

日本の子どもたちは週末をグラウンドの上で過ごすことが多い。サッカーだけでなく、野球やバスケットボールも人気だ。スポーツ文化はすでに教育と不可分なものになっている。(翻訳・編集/北田

在日中国人、在日韓国人の情報大募集!
あなたが知っている日本で奮闘中の中国人・韓国人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

韓国ネットも感動!警察官になる夢をかなえた日本人少年が憧れの韓国人警察官と再会=「これが縁」「韓国社会への良い警鐘」

18日、ソウル旅行で偶然会った警察官の親切さに感銘を受け、警察官になる夢をかなえた日本人少年が、当時の警察官と11年ぶりに再会したというニュースが、韓国で話題となっている。写真は韓国の警察官。

Record China
2016年5月20日 7時30分
続きを読む

ランキング