Record China

ヘッドライン:

「この心配りにはまいった!」=落し物が“見つかるだけ”ではない日本―中国ネット

配信日時:2016年6月23日(木) 9時10分
拡大
2016年6月19日、中国のインターネット上に、日本の治安の良さに関する記事が掲載された。

中国人が日本に来て驚くことの一つに、日本人の財布の持ち方が無防備であることが挙げられる。女性であれば小用で出かける際に小脇にはさんだり、男性であれば長財布をズボンの後ろのポケットに入れたりするという人も少なくないだろう。記事は、「スリが狙っていることなんてまったく考えていない」と日本の治安の良さを表現している。

また、万一落としてしまっても見つかる確率が高いと指摘。実際、財布を後ろのポケットに入れて自転車に乗っていたところ、知らぬ間に財布が滑り落ちていたが、拾ってくれた男性が自転車で追いかけて手渡してくれたという話もある。

このほか、記事は「ある時、スーパーで買ったものを電車の中に忘れてしまった。駅まで取りに行くと、冷蔵品をわざわざ冷蔵庫に入れて保管していてくれた。この心配りには敬服せざるを得ない」という在日中国人のエピソードも紹介している。(翻訳・編集/北田
在日中国人、在日韓国人の情報大募集!
あなたが知っている日本で奮闘中の中国人・韓国人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

忘れられないあなたへ―訪日中国人

30日、著名なインターネットユーザーである作業本氏が、日本を訪れた際に心に残ったある日本人についてつづった「あなたのことはきっと長い間忘れられないでしょう」と題する文章を中国版ツイッター・微博に投稿した。写真は東京。

Record china
2015年4月4日 8時40分
続きを読む

日本人学生の「日本人は中国人が好きではない」という言葉が信じられず、インターネットで調べてみた―中国人学生

花見シーズンを迎え、多くの中国人観光客が日本を訪れている一方で、相変わらず指摘されているのがマナーの問題だ。東北師範大学の孫丹平さんは、自身の訪日体験から、中国人のマナーへの取り組みを提案している。

日本僑報社
2016年4月9日 7時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング