Record China

ヘッドライン:

オバマ大統領とダライ・ラマの面会、中国人はそこに何を見るのか―中国紙社説

配信日時:2016年6月16日(木) 12時40分
拡大
16日、環球時報は、「オバマとダライ・ラマの面会、中国人はそこに何を見るのか」と題する社説を掲載した。写真はダライ・ラマ14世。

2016年6月16日、環球時報は、「オバマとダライ・ラマの面会、中国人はそこに何を見るのか」と題する社説を掲載した。

米国のオバマ大統領は15日、ホワイトハウスの図書室でダライ・ラマ14世と面会した。オバマ大統領が任期中の8年間にダライ・ラマ14世と会うのはこれが4回目。双方は、チベット仏教や人権の保護について話し合った。面会に先立ち、中国外交部は「13億の中国人民が反対することをするな」と反発していた。

社説は、「欧州諸国のトップに比べて、オバマ大統領は頻繁(2年に1度)にダライ・ラマと会っており、中国側の抗議は基本的に無視している」と指摘。「南シナ海問題や貿易摩擦などの問題に比べればその影響力は比較的小さく、国のトップがダライ・ラマに会うとすぐに中国との関係に危機が生じる欧州の国々とは異なる」としている。一方で、「これは中国が寛容なのではなく、米中のほかの衝突ではその多くで米国の利益が予想されるからだ」としている。

また、今回の面会は「中国人の両者に対する政治力への疑問を強めることになる」と指摘。「オバマ大統領は何かに付けて『中国の平和的台頭を歓迎する』と述べているものの、その行動によって彼の誠意は大きく割り引かれている。むしろ、ダライ・ラマが中国を混乱に陥れるのを助けようとしているように見え、ホワイトハウスが中国の人権問題に関心を寄せる時は特に偽善的だ」と批判している。

さらに、「米国は話題づくりがうまいが、同時にこの問題で実質的な主導権は終始中国が握っていることがわかる。それは、中国がチベットの主権を全面的にコントロールしていることだ」とし、「チベットの経済が絶えず発展し、社会が安定を続けるなら、米国の大統領がダライ・ラマに会うことは一種の自己満足のショーにすぎない。最も有力な反撃は、チベットをしっかりと管理し発展させることだ」としている。(翻訳・編集/北田

まだ知られていない日中に関する情報
レコードチャイナを通じて世の中に発信しませんか?ご連絡はこちらまで

関連記事

ダライ・ラマ14世がオバマ大統領と面会の可能性、中国外交部「13億の中国人民が反対している」、ネットではコメント規制

14日、中国外交部の陸慷報道官は定例記者会見で、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ氏が米国のオバマ大統領との面会する可能性があることについて、「13億人が反対していることをするな」と述べた。

Record China
2016年6月15日 17時20分
続きを読む

中国が神経とがらすチベット自治区、新疆ウイグル自治区と並ぶ“火薬庫”、独立運動への関与理由に独議員の入国拒否

中国のチベット自治区は、同じような独立運動を抱える新疆ウイグル自治区と並ぶ中国の“火薬庫”。最近もチベット独立運動への関与を理由に、独国会議員の中国入国を拒否するなど、神経をとがらせている。写真はダライ・ラマ14世。

Record China
2016年5月21日 23時40分
続きを読む

ダライ・ラマ、ノーベル賞受賞者らの人権会議出席=中国は不満表明「旧チベット最大の農奴の主人、人権を語る資格ない」―米華字メディア

12日、中国外交部の洪磊報道官は、チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世が、ジュネーブでノーベル平和賞受賞者らが人権について話し合う会議に出席したことに強い不満を表明した。写真はダライ・ラマ14世。

Record China
2016年3月13日 20時10分
続きを読む

ランキング