Record China

ヘッドライン:

中国まで浸透した日本の「二次元」、中国の市場規模は4兆円超、数年後には倍増も―中国メディア

配信日時:2016年6月1日(水) 15時20分
拡大
30日、日本では漫画やアニメ、ゲームの世界を「二次元」と呼ぶことがあるが、これは日本発祥の使い方で、今や中国にまで浸透している。写真は南京市にあるアニメ制作会社。

2016年5月30日、日本では漫画やアニメ、ゲームの世界を「二次元」と呼ぶことがあるが、これは日本発祥の使い方で、今や中国にまで浸透している。中国の金融グループ・中国中信集団公司(CITIC Group)のデータによると、中国の二次元市場はすでに2500億元(約4兆2000億円)規模で、数年後には5000億元(約8兆4000億円)規模にまで拡大すると予測している。参考消息網が伝えた。

北京市の銀行に勤める女性(27)も日本のアニメに魅了されている若者の1人で、彼女はストレス解消のため毎日数時間日本のアニメを見ている。彼女は「日本のアニメは子ども向けのアニメとは違う。日本の作品は現実生活を基礎にしながらも非常に面白い切り口の作品を生み出している」と語っており、日本のアニメを見る時は仕事のストレスを忘れられるという。

米誌フォーブスによると、中国には彼女のような若者が数多く存在しており、需要が増加する中で、国産アニメなど国内での二次元コンテンツの製作が盛んになっている。中国の二次元市場はまだ発展途上だが、中国の電子商取引最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)や中国インターネットサービスの大手・騰訊(テンセント)が関連企業に投資するなど期待は大きい。(翻訳・編集/内山

関連記事

交通違反の男性が「銀河系の王室から来た」と主張、アニメに洗脳されてると話題に=二次元ユーザーは8000万人規模―中国

26日、中国の調査会社・易観智庫が最近発表した報告書によると、「二次元」のユーザーは、「90後」や「00後」を中心層とし、2016年には、「二次元」コンテンツのアクティブ消費者は8028万人規模に達するとみられている。

人民網日本語版
2016年5月26日 13時20分
続きを読む

さすがは日本!アニメチックな英語の教科書に中国ネットも絶賛=「これはうらやましい」「こんな教科書だったら俺の英語力はずっとアップしていた」

7日、中国版ツイッター・微博で、日本の中学生向け英語教科書がアニメチックだと紹介する投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年4月9日 12時50分
続きを読む

ランキング