韓国、大気汚染対策で焼き肉店が出す煙にも課税か=韓国ネット「この国はまともじゃない」「中国の何が怖くてここまで事実を歪曲するんだ?」

配信日時:2016年5月31日(火) 11時50分
韓国、大気汚染対策で焼き肉店の煙にも課税か=韓国ネットの反応は?
画像ID  511445
30日、韓国環境部が大気汚染物質の発生要因として「サバの塩焼き」を挙げたのに続き、今度は大量の煙を排出する焼き肉店に対する規制を検討しているとの情報が飛び出した。写真は韓国の焼き肉店。
2016年5月30日、韓国環境部が大気汚染物質の発生要因として「サバの塩焼き」を挙げたのに続き、今度は大量の煙を排出する焼き肉店に対する規制を検討しているとの情報が飛び出した。韓国・東亜日報などが伝えた。

韓国環境部の発表によると、焼き肉など生ものを焼くことで発生する微細粒子は首都圏の大気汚染を引き起こす微細粒子の15.6%を占める。特に焼き肉や焼き魚を提供する飲食店は人口密集地域にある場合が多く、その「危険」は大きいという。同部関係者は取材に対し、「すでに多様な研究結果を通じ、飲食店の微細粒子が国民の健康に悪影響を及ぼす点が確認された」とし、こうした飲食店に対する規制を幅広く検討する必要が出てきたと述べた。現在のところ規制の具体案は示されていないが、「飲食店の規模により規制の効果がどのように異なるかを研究中」とのことだ。

しかし一部の経済専門家らは「環境部の発表通りだとすると、そもそも煙で作る食べ物は食べられないということ」としてその矛盾を指摘、「車や飛来汚染物質など他の要因の方が大きいにもかかわらず、生活の中で発生する微細粒子を指摘するのは不適切だ」と異議を唱えた。

韓国・ヘラルド経済は「焼き肉店の煙にも税金?」との見出しでこれを伝え、韓国のネットユーザーから記事に次のようなコメントが寄せられている。

「中国のせいにできないからって、焼き肉店のせいにするの?」
「すべてにおいて庶民だけが責任を押し付けられることになるんだな。これこそ地獄」
「とうとう焼き肉を言い訳にするとは、がっかりだよ」
朴槿恵(パク・クネ)さんも、これからはもう肉を食べないでよね。菜食主義で」

「あきれた。そのうち何のおかずも作れなくなる」
「『創造税金』の果てだね。歴代政府で最高だよ」
「これを『対策』と言う公務員たちの脳はお飾りなのか?」
「中国の何が怖くてここまで事実を歪曲(わいきょく)するんだ?貿易で仕返しされるって?」

「この国はまともじゃない」
「昔、かまどで食事を作ったおばあさんたちは、もしかまどを使わなかったら200歳まで生きたかもね」
「当局の許可なく家でサムギョプサル(豚の三枚肉)やサバを焼き食べた者は前科者になるのか」(翻訳・編集/吉金
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事