Record China

ヘッドライン:

世界で最も労働時間が長い都市は?1位はアジアのあの都市―スイス金融グループ

配信日時:2016年5月29日(日) 6時30分
拡大
世界のどの都市の会社員が最もハードに働いているのだろう?世界最大級の金融グループ・スイスUBSの調査によると、香港の週間平均労働時間は50時間を上回り、世界トップに立った。台北も41.17時間で第8位だった。中国台湾網が報じた。

UBSは、世界71都市で15業種の仕事に就く会社員を対象に、労働時間に関する調査を実施した。調査の結果、「週間平均労働時間が最も長い都市」トップ10のうち7都市はアジアの都市だった。ヨーロッパの会社員はアジアよりはるかに恵まれており、「週間平均労働時間が最も短い都市」トップ10は全てヨーロッパの都市で占められていた。

調査によると、世界71都市の週間平均労働時間は36.23時間、香港は50時間を上回り、世界で労働時間が最も長い都市となった。2位から5位は順に、ボンベイ(インド)、メキシコシティ(メキシコ)、ニューデリー(インド)、バンコク(タイ)。

世界で労働時間が最も短い都市ランキングでは、フランスのパリが週間平均労働時間30.84時間で首位。2位は同じくフランスの都市リヨン(31.36時間)だった。3位から5位は順に、ロシアの首都モスクワ(31.67時間)、フィンランドの首都ヘルシンキ(31.90時間)、オーストリアの首都ウィーン(32.26時間)となっている。

パリの会社員は、毎週5日出勤、1日あたり労働時間はわずか6.17時間と、地球の全会社員の憧れの的となるような結果となった。(提供/人民網日本語版・編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング