Record China

ヘッドライン:

M・タイソンに耳を襲われた?人気ピアニストのラン・ラン、異例のツーショット―中国

配信日時:2016年5月27日(金) 19時40分
拡大
25日、北京で行われたIBF世界フライ級タイトルマッチの会場に、世界的ピアニストのラン・ランと元プロボクサーのマイク・タイソンが登場。ラン・ランの耳が危険にさらされた。
(1/4枚)

2016年5月25日、北京で行われたIBF世界フライ級タイトルマッチの会場に、世界的ピアニストのラン・ラン(郎朗)と元プロボクサーのマイク・タイソンが登場。ラン・ランの耳が危険にさらされた。捜狐が伝えた。

その他の写真

25日、国際ボクシング連盟(IBF)世界フライ級タイトルマッチが、北京国家体育場のダイヤモンドコートで開催された。会場では世界的な若手ピアニストのラン・ランが「ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第1番」を生演奏し、雰囲気を大いに盛り上げた。

生中継の途中では、客席に並んで座るラン・ランとマイク・タイソンの姿が登場。対戦相手の耳にかみついたことで有名なタイソンだが、カメラの前ではラン・ランの耳を狙うような仕草も。さらに音楽に乗せたダンスまで見せ、緊張感が高まる会場にリラックスしたムードを漂わせた。

目ざといボクシングファンは、ラン・ランの横にもう1人、大スターがいたことも見逃していない。4階級を制覇したロイ・ジョーンズ・ジュニアがいたのだが、こちらは穏やかな表情を浮かべ、終始落ち着いた様子で着席していた。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ピアニストのユンディ・リが韓国で演奏ミス、「芸能人気取り」「ラン・ランを見習え」と批判高まる―中国

1日、中国のピアニストのユンディ・リが、このほどソウルでの演奏で発生したミスを「指揮者のせいにした」と報道されたことを否定し、謝罪。だがネットユーザーからは、「芸能界で悪ふざけしすぎてミスを犯した」と批判の声が後を絶たない。写真はユンディ・リ。

Record China
2015年11月2日 22時10分
続きを読む

人間VS人工知能、今度はピアノで対決!勝ったのは?=韓国ネット「53本の指は反則!」「大統領ロボットを開発してほしい」

16日、韓国メディアによると、人工知能「アルファ碁」の登場以降、“人間”の領域に挑戦する“ロボット”への関心が高まっている。そんな中、韓国で“感情”が絶対的な比重を占める芸術の分野でのロボットと人間の対決が行われた。資料写真。

Record China
2016年5月18日 9時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング