Record China

ヘッドライン:

15年の平均寿命、中国は76.1歳、日本は83.7歳で世界一守る―WHO「世界保健統計」

配信日時:2016年5月23日(月) 6時10分
拡大
2016年5月20日、世界保健機関(WHO)が19日に発表した2016年版の「世界保健統計」によると、衛生環境の向上や医学の進歩により、世界全体の平均寿命は2000年から15年の間に5歳延びて71.4歳になった。参考消息網が伝えた。

15年の日本人女性の平均寿命は86.8歳で世界首位。男性ではスイスの81.3歳が首位だったが、男女合わせると日本が83.7歳となり、20年連続で首位をキープした。一方、男女合わせた平均寿命が最も低かったのはシエラレオネで、女性は50.8歳、男性は49.3歳だった。

男女合わせた中国本土の平均寿命は76.1歳、米国は79.3歳だった。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

「栄養失調で亡くなる子どもは年間590万人、アフリカなどの悲惨な実態を知ってほしい」―黒柳徹子ユニセフ親善大使、32カ国訪問の体験を語る

24日、ユニセフ親善大使の黒柳 徹子さんが日本記者クラブで記者会見した。32年間にわたって、32カ国を訪問、厳しい環境下にある子どもたちを励まし、支援し続けた体験を披露。「世界の子どもたちの悲惨な実情を知っていただきたい」と訴えた。

八牧浩行
2016年3月27日 8時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング