【募集中】韓国語社内スタッフ

今度は「風水」を世界遺産登録!?韓国の“略奪”に市民の怒りあらわ―中国

配信日時:2007年12月17日(月) 15時42分
今度は「風水」を世界遺産登録!?韓国の“略奪”に市民の怒りあらわ―中国
画像ID  95123
17日、新快報は韓国が2008年までに風水の世界遺産申請準備活動を完了すると報道。韓国は国家的に活動しており、江陵端午祭に続き再び中国文化を“略奪”する可能性が高いと危機感をあらわにしている。写真は福建省にある古民家。
2007年12月17日、新快報は韓国が2008年までに風水の世界遺産申請準備活動を完了すると報道した。中国では庶民の文化である風水だが、韓国は国家指導者までも風水を重視しており、国家が一丸となって登録活動を推進しているため、その成功の可能性は高いと危機感をあらわにしている。

その他の写真

同紙によると、韓国では風水はあらゆる場所で活用されているという。盧武鉉大統領の遷都計画では数百人の風水師が動員され、遷都候補地を探した。潘基文国連事務総長が就任した後、この偉大な人物の背景を探るため2000人の風水師が調査にあたったところ、実家の両翼に高い山がそびえており、風水でいうところの“仙鶴展翅”の地形であることが明らかとなったという。

また、サッカーの中国五輪代表チームと韓国五輪代表チームが湖南省長沙市で試合をした時、韓国代表は風水に優れた郊外に宿泊するなど、さまざまな場所で風水は活用されている。現在、国立中央博物館が主催する風水研究の国家プロジェクトが進められており、世界遺産登録の可能性は高いという。

2005年、韓国は江陵端午祭の世界無形文化遺産の登録に成功、中国文化の“略奪”に多くの中国人は衝撃を受けた。その後、漢字・風水の起源が韓国と主張されているとの風聞が広まり、多くの市民は「これ以上韓国の“パクリ”を許すな!」と怒りの声を上げている。

先日、レコードチャイナでは「韓国の漢字世界遺産登録運動は誤報」との韓国紙の報道を伝えた。今回の風水問題も中国の過剰反応との意見もあるが、韓国との文化摩擦が激化する中国の現状を伝える報道と言えそうだ。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事