Record China

ヘッドライン:

中国のテレビ番組に「くまモン」そっくりのゆるキャラ登場、中国ネットで「パクるにしてももう少し工夫しろよ!」と批判や皮肉の声

配信日時:2016年4月25日(月) 10時0分
拡大
24日、くまモンそっくりのゆるキャラが中国のテレビ番組に登場し、物議を醸している。

2016年4月24日、熊本県のPRマスコットキャラクターであるくまモンは中国でも人気で、熊本の震災では、「明るいキャラクターが被災の現状にそぐわない」として活動を自粛していることを心配する声が中国ネットで多数寄せられたほど。そのくまモンそっくりのゆるキャラが中国のテレビ番組に登場し、物議を醸している。台湾・自由時報が伝えた。

中国のテレビ番組に登場したくまモンそっくりのキャラクターは、本家そっくりの表情を持つが、毛色は茶色で「ラッキークマ」との名前で紹介された。番組を見たネットユーザーによると、「ラッキークマ」は4月に放送が開始したばかりの安徽省テレビ局のバラエティー番組のマスコットキャラクター。くまモンそっくりなために視聴者からは「日本に許可を取っているのか?」と疑義を抱く声や批判が集まった。

ネットユーザーの多くは、「恥さらしだ」「パクるにしてももう少し工夫しろよ!」「全然かわいくない。いっそのこと丸パクリしたら?」と批判や皮肉の声を寄せている。さらに、「パクることしか知らないのか?情けない」「中国のネットにはいろんな人がデザインしたさまざまなゆるキャラがある。中国人がデザインしたものを採用しないで人のものをパクるなんて、悲しい」とパクリ行為にため息つく意見も多く見られた。(翻訳・編集/内山

関連記事

くまモンは年間1000億円稼ぐのに、ソウルのキャラは…=韓国ネット「なぜ比べるの?」「キャラクターの市場規模が違うだけ」

11日、韓国・中央日報は昨年1年間の関連グッズ売り上げが1000億円を突破した熊本県のPRキャラクター「くまモン」に対し、ソウル市のキャラクター「ヘチ」の“年商”は20万ウォンに満たないと報じた。写真はソウルにあるヘチの像。

Record China
2016年3月11日 12時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング