Record China

ヘッドライン:

熊本地震からみる日本の強さと弱さ=学校が「ノアの方舟」である一方、政府庁舎は潜在的なリスクに―中国メディア

配信日時:2016年4月23日(土) 11時10分
拡大
2016年4月21日、熊本の地震から1週間たち、避難生活の負担や病気での犠牲者を含めこれまでに約60人が犠牲となっている。大きな地震だったにもかかわらず大規模な被害が出なかったことについて、新華社通信は日本の災害に対する強さと弱さが浮き彫りとなったと伝えた。

震度7という大きな地震に見舞われた益城町では、老朽化が進んだ建築物が損傷したが、比較的新しい建物の被害は限定的で、外見では損傷が確認できない建物も少なくなかった。中でも校舎の倒壊はなく、被災者にとって「ノアの方舟」の存在となった。

一方で、宇土市の庁舎がひどく損傷するなど、政府庁舎の老朽化問題が浮き彫りとなっている。総務省のデータによると、全国に政府庁舎総務省の2014年度末の調査によると、全国にある庁舎8707カ所のうち、現行の耐震基準をクリアし震度5強〜6強に耐えられる庁舎は約75%にとどまっている。庁舎が使用できないと災害対策にも支障をきたすため、こうした庁舎の老朽化は地震発生時の潜在的なリスクとなっている。(翻訳・編集/内山

関連記事

熊本地震で半壊の市役所、その理由に中国ネットから「これこそ尊敬に値する政府」「中国政府に代わって恥じ入る」の声

21日、中国版ツイッター・微博で、熊本地震により半壊した宇土市役所について紹介する投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は熊本。写真提供:ボランティア団体・華聯会。

Record China
2016年4月22日 11時10分
続きを読む

<熊本地震>パイプ椅子で書かれたSOSの文字に中国ネットが反応、「被災者は冷静に機転をきかせた」「日本、頑張れ!」

18日、熊本地震で地震避難所となっている熊本国府高校の校庭に現れたパイプ椅子による救援要請メッセージに中国のネットユーザーがさまざまな反応を示している。写真は熊本地震の被災地(撮影:劉傑)。

Record China
2016年4月19日 12時0分
続きを読む

熊本城の地震被害はなぜ日本人にとってそんなにショックなことなのか?=「中国だったらこの種の古城はとっくの昔に取り壊されている」―中国ネット

20日、中国のポータルサイト・今日頭条は熊本城が地震で被害を受けたことが日本人にとって大きなショックであった理由について分析する記事を掲載した。写真は中国人からの応援メーセージ。写真提供:ボランティア団体・華聯会

Record China
2016年4月22日 6時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング