Record China

ヘッドライン:

報道の自由ランキング、中国は世界ワースト5=日韓は大きく順位下げる、アジアのトップは?―米メディア

配信日時:2016年4月20日(水) 23時40分
拡大
20日、国際NGO「国境なき記者団」は16年の「報道の自由度ランキング」を発表した。写真は中国の新聞スタンド。

2016年4月20日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)によると、国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は16年の「報道の自由度ランキング」を発表した。

中国は報道の自由において「世界の暗黒地帯」と指摘され、対象の180カ国・地域のうち後ろから数えて5番目の176位だった。国境なき記者団の責任者は「中国の問題が指摘されて久しいが、依然として記者やブロガーの拘束数が世界で最も多い国だ。中国における報道の自由の現状はひどく、懸念すべき状況だ」と語った。

一方、「特定秘密保護法」が14年に成立した日本は、前年より順位が11下がって72位。韓国も順位を10下げて70位だった。朴槿恵(パク・クネ)大統領とメディアの間の対立が指摘された。アジアでは台湾の順位が最も高く51位だった。香港は順位を1上げて69位だった。(翻訳・編集/大宮)

関連記事

高市総務相が電波停止の可能性に言及、野党から批判相次ぐ=海外ネット「『公平性』を判断するのは誰なんだ?」「独裁政治へとさらに歩みを進めたね」

10日、日本メディアの報道によると、高市早苗総務相は9日の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性に欠ける放送を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を求める可能性があると発言した。資料写真。

Record China
2016年2月11日 10時50分
続きを読む

慰安婦証言を報道した元朝日新聞の植村隆氏、米大学で講演「安倍首相の米議会演説に失望、8月の戦後70年談話には説得力のある内容を期待」―米紙

5日、米紙ミルウォーキー・ジャーナル・センティネルによると、日本で慰安婦問題を報道した元朝日新聞記者で北星学園大学の非常勤講師の植村隆氏が1日、米ウィスコンシン州マーケット大学で講演を行った。資料写真。

Record China
2015年5月6日 12時39分
続きを読む

ランキング