Record China

ヘッドライン:

「韓国与野問わず、慰安婦合意は国家間の約束」日本の立場に韓国ネット反発「安倍首相と朴大統領の個人的合意だ」「誤った約束を守る必要などない」

配信日時:2016年4月15日(金) 12時0分
拡大
14日、韓国の総選挙結果とは関係なく日韓両国の慰安婦問題の合意事項が履行されるべきとの声が日本の政界から上がっているとの報道に、韓国のネットユーザーから反発の声が寄せられている。資料写真。

2016年4月14日、韓国・ニュース1は、朴槿恵(パク・クネ)大統領を支える与党が敗北した韓国の総選挙結果とは関係なく、日韓両国の慰安婦問題の合意事項が履行されるべきとの声が、日本の政界から上がっていると伝えた。

14日、日韓議員連盟会長を務める自民党の額賀福志郎元財務相は韓国の総選挙結果を受け、慰安婦問題の日韓合意は「国と国との約束なので、当然決めたことは互いに実行に移すことが大事だ」と述べた。また、公明党の漆原良夫中央幹事会会長も、「(問題の合意は)政府と政府の間で決着を付けたことだ。そのまま継承されていくと思う」と会見で述べている。さらに菅義偉官房長官は、韓国の選挙結果が日韓合意に与える影響について記者から問われ「両国で責任を持って実施することが極めて重要だ」と答えるとともに、「日韓関係の重要性は韓国の与野党を問わず共通認識だ」との見解を示した。

一方の韓国外交部は同日、「わが政府の基本的な立場に変わりはない」とし、合意を速やかに履行するとの立場を示した。

しかしニュース1は上記のような日本側の主張を伝えた日本メディアの報道を引用しながら、日本の政界が「(合意の)履行を迫っている」と報じ、これに韓国のネットユーザーから次のようなコメントが寄せられている。

「国家間?安倍(晋三)と朴槿恵が個人的に合意しただけだろ。当事者以外の誰にも加害者を許す権利はない。朴大統領は慰安婦の当事者なのか?」

「強制的に連れて行かれた性奴隷が20万人を超えるというのに、たったの10億円で民族のプライドと元慰安婦たちを売り払った。大統領は反逆者と同じだ」

「日本人は元慰安婦と合意すべき。何が国家だ?心からおばあさんたちに謝って、本当の合意をしろ」

「そもそも合意なんてなかった。国が朴大統領の個人的な合意について責任を取る理由はない」

「合意は全面的に無効にすべき。国会の同意もなく大統領が勝手にやったことだ」

「元慰安婦のためにも朴大統領を弾劾せねばならない。向こうは大統領に約束を守れと言ってきてるわけだから、こっちは弾劾してでも言い訳をつくらなきゃ」

「誤った約束を守る必要などない。誤りを正してこそ子孫に顔向けができる」

「元慰安婦自身が知らないことを、どうやって履行しろって?」

「大韓民国はそんな約束をした覚えはない。君たちが朴さんを引っ掛けて約束したんだろうから、朴さんに言ってくれ」(翻訳・編集/吉金

関連記事

日本官房副長官「従軍慰安少女婦像の移転と支援財団設立はパッケージ」=韓国ネット「支援財団は自分たちの力で」「朴政権の退陣もパッケージ」

8日、韓国のテレビ局KBSは、日本の萩生田光一官房副長官が「従軍慰安婦少女像の移転と慰安婦支援財団設立をパッケージとして考えている」と主張したことを伝えた。写真はソウル日本大使館前の慰安婦像。

Record China
2016年4月9日 23時57分
続きを読む

韓国、ソウル日本大使館前に慰安婦被害者らを追悼する銅板を設置=韓国ネット「国民の力は政界より偉大」「もうやめてほしい…」

6日、韓国メディアによると、旧日本軍慰安婦被害者らを追悼するための銅板が、ソウル日本大使館前の慰安婦少女像の前に設置された。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はソウルの日本大使館前の慰安婦像。

Record China
2016年4月7日 11時50分
続きを読む

慰安婦像が設置された米グレンデール市、市長が「日韓合意を支持」=韓国ネット「もうどうすることもできない…」「もっと慰安婦問題に関心を!」

7日、韓国メディアによると、慰安婦像が設置されている米カリフォルニア州グレンデール市の市長が、慰安婦問題解決に向けた日韓政府の合意を支持するとの意思を表明した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年4月7日 18時0分
続きを読む

韓国で大ヒット中の従軍慰安婦映画が中国でも大きな話題、韓国内の論争に良識派はあきれ顔=「捏造映画だから食べながら」と日本ネット

5日、韓国で大ヒット上映中の従軍慰安婦を描いた映画「鬼郷」は中国内でも大きな話題を呼んでいるが、肝心の韓国内では映画の内容そのものよりも観賞中にポップコーンは食べるのを控えるべきかどうかをめぐる論争になっている。資料写真。

Record China
2016年4月6日 5時30分
続きを読む

ランキング