Record China

ヘッドライン:

豚の鼻を捨てるな!中国では貴重食材に=“爆食”中国に流れ込む世界の豚肉―中国メディア

配信日時:2016年6月16日(木) 9時30分
拡大
13日、トウモロコシ価格の高騰に伴い、米国から豚足や豚の鼻を輸入する動きが加速するとみられている。写真は豚の鼻を使った四川料理。
(1/2枚)

2016年6月13日、参考消息網によると、米メディアは「豚足や豚の頭を食べない米国人、中国に売れば“稼げます”」と伝えた。

その他の写真

豚の鼻や耳、豚足は米国人にとっては不要なごみでしかなかったが、今後は重要な輸出品になるかもしれない。アイオワ州立大学のダーモット・ヘイズ氏の試算によると、中国は今年、米国産豚肉の生産量のうち5%を輸入する可能性がある。豚足や豚の鼻も含めてだ。

背景にあるのは中国のトウモロコシ価格の高騰。豚肉の原価は飼料となるトウモロコシの価格で決まる。トウモロコシ価格の高騰によって中国製豚肉の製造原価も上がり、中小の農家は飼育数を減らしている。相対的に安価な米国から輸入しようとする動きが広がっている。ただし中国市場を狙うのは米国だけではない。欧州、ブラジル、カナダの養豚業者も中国市場獲得を目指しており、激烈な競争が繰り広げられることになりそうだ。(翻訳・編集/増田聡太郎

まだ知られていない日中に関する情報
レコードチャイナを通じて世の中に発信しませんか?ご連絡はこちらまで

関連記事

韓国、大気汚染対策で焼き肉店が出す煙にも課税か=韓国ネット「この国はまともじゃない」「中国の何が怖くてここまで事実を歪曲するんだ?」

30日、韓国環境部が大気汚染物質の発生要因として「サバの塩焼き」を挙げたのに続き、今度は大量の煙を排出する焼き肉店に対する規制を検討しているとの情報が飛び出した。写真は韓国の焼き肉店。

Record China
2016年5月31日 11時50分
続きを読む

ランキング