Record China

ヘッドライン:

中国系企業に好き勝手させる日本市場、今後も企業買収が加速か―英メディア

配信日時:2016年4月6日(水) 0時50分
拡大
2日、鴻海精密工業のシャープ買収は中国系企業による日本企業買収ブームの先駆けとなるかもしれない。

2016年4月2日、台湾企業の鴻海(ホンハイ)精密工業がこのほど3888億円でシャープを買収したが、BBCは中国系企業による日本企業買収ブームの先駆けとなるかもしれないと伝えた。

台湾の鴻海のみならず、ここ数年は多くの中国企業も日本企業に対する投資や買収に高い関心を示している。先月30日にはすでに、中国の美的集団(ミデア・グループ)が東芝の白物家電事業を買収すると発表。買収額は537億円に上る。

今回の鴻海によるシャープ買収の結果によっては、中国系企業の日本企業買収が今後加速する可能性もある。日本と中国の企業文化の違いは「水と油のような関係」とやゆされることもあるが、鴻海とシャープの事例は今後の動向を決定づける試金石になるだろう。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

シャープ買収の鴻海社長「シャープが今後100年、世界中で成功できるよう全面支援」=中国ネットは「抗日が成功した」「台湾企業には反感」

3日、シャープを買収した鴻海の郭台銘社長が「シャープを今後100年、世界中で成功を積み重ねられるよう全面支援する」と語ったことについて、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年4月4日 14時40分
続きを読む

2016年は日本製品ボイコットではなく日本製品を超えるべき!中国メディア主張に「価格ではすでに超えた」―中国ネット

11日、中国メディアの今日頭条が、2016年は日本製品ボイコットではなく日本製品を超えることが重要だとする記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年2月13日 16時0分
続きを読む

ランキング