Record China

ヘッドライン:

なぜ増える?日本の高齢者犯罪―中国メディア

配信日時:2016年3月30日(水) 19時10分
拡大
30日、日本ではここ数年、60歳以上の高齢者による犯罪が増え続けている。資料写真。

2016年3月30日、日本ではここ数年、60歳以上の高齢者による犯罪が増え続けている。その中でも常習犯が多数を占めている。高齢者の犯罪が増加の一途をたどる日本では、刑務所は病人で溢れかえり、予算が切迫し、極めて深刻な危機に瀕している。新華網が伝えた。

英フィナンシャル・タイムズ紙が法務省の統計データを引用して報じたところでは、日本における「小売店での万引き」犯罪のうち、60歳以上の高齢者による事件は35%を占める。また、60歳以上の常習犯のうち約40%は過去6回以上の犯罪歴がある。

多くの経済学や犯罪学の専門家は、「日本の高齢者の犯罪率が急激に上昇していることは、彼らが法律を軽視しているという単純な理解ではすまされない。より深いレベルでの経済的・社会的な原因を探る必要がある」と指摘している。

推定によると、2060年までに、日本の65歳以上の高齢者は、全国総人口の40%を上回る見通し。だが、高齢者を対象とした各種年金、社会保障、医療保障をめぐる状況は、決して楽観視できるものではない。日本の高齢者の多くは、預金額が少なく、社会保障と医療保険も十分とは言えない。さらに、孤独に苛まれる人が多く、一度罪を犯すと癖になって繰り返し、「衣食住・看病」のすべてが揃っている「刑務所暮らし」に自ら進んで身を投じることになる。

増加の一途をたどる高齢者の入獄によって、日本の刑務所は、受け入れ容量不足に陥り、「予算の危機」にも瀕している。刑務所で服役する高齢者は今後も増加すると予想され、このまま行けば、日本の刑務所制度そのものが崩壊する恐れがある。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/松澤)

関連記事

インドは中国を超えたのか?中国ネットが議論=「インドが中国を超えるのは時間の問題」「中国はインドと比較するほど落ちぶれた」

26日、中国のポータルサイト・今日頭条は、「インドは中国を超えたって聞いたことがある?」と題する動画を紹介した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年3月29日 1時40分
続きを読む

中国はもっと日本に見習って!難民問題で国連が苦言=「俺たちは発展途上国」「10数億の人口で難民を出さないだけでも大きく貢献」―中国ネット

22日、中国メディアは国連難民高等弁務官事務所が中国などの国に対して日本に見習ってもっと資金を出すべきと述べたことを伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年3月23日 16時50分
続きを読む

ランキング