Record China

ヘッドライン:

中国、ジョンソン南礁に空港完成=南沙で2番目の空港、4番目の滑走路―台湾紙

配信日時:2016年3月18日(金) 0時50分
拡大
16日、台湾メディアによると、1988年に中国とベトナムの間で発生した赤瓜礁(ジョンソン南礁)海戦から28年目に当たる14日、中国共産党中央軍事委員会の機関紙、解放軍報は、同礁に建設中の空港が完成したと明らかにした。写真は赤瓜礁に駐留する中国軍。

2016年3月16日、台湾メディアによると、1988年に中国とベトナムの間で発生した赤瓜礁(ジョンソン南礁)海戦から28年目に当たる14日、中国共産党中央軍事委員会の機関紙、解放軍報は、同礁に建設中の空港が完成したと明らかにした。中国・参考消息網が伝えた。

15日付の台湾紙・中国時報は、1988年3月14日に南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島で発生した赤瓜礁海戦で、中国はベトナムに勝利し、同礁の実効支配を続けているとした上で、「永暑(ファイアリー・クロス)礁、渚碧(スビ)礁、美済(ミスチーフ)礁に次いで、中国が南沙に建設した4番目の滑走路となる」と伝えた。中国は昨年10月、赤瓜礁に灯台を設置し、各国の船舶に航路案内のサービス提供を開始したと表明している。

台湾紙・旺報も15日、「中国が2014年に赤瓜礁での埋め立てを行ってから初めて、空港完成の情報が伝えられた」とした上で、「中国が南沙に建設した空港としては永暑礁に次いで2番目となる」と指摘。「永暑礁の滑走路は3000メートル級で大型旅客機の離着陸が可能だ。一方、赤瓜礁の滑走路は2000メートル級とみられ、中国軍の戦闘機や爆撃機が離着陸できる。中国空軍機の活動範囲は南シナ海全域に及ぶことになる」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事

中国、南沙諸島の人工島で試験飛行=米政府が懸念「地域の緊張を高める行為」―英メディア

2日、中国が南シナ海・南沙諸島の人工島に建設した飛行場で試験飛行を行ったことについて、米国務省は「地域の緊張を高める行為だ」とし、領有権を主張する国に対し、さらなる埋め立てや飛行場建設、軍事化をやめるよう求めた。資料写真。

Record China
2016年1月4日 10時0分
続きを読む

中国海警船がベトナム漁船を襲撃、乗組員11人を一時拘束―米メディア

9日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)によると、ベトナム官製メディアのトイチェ(電子版)は8日、南シナ海の西沙諸島(英語名・パラセル諸島)近くの海域で「中国海上警備局の船がベトナム漁船を攻撃した」と伝えた。写真はベトナム。

Record China
2016年3月10日 9時18分
続きを読む

ランキング