Record China

ヘッドライン:

マレーシアが南シナ海問題でオーストラリア国防相と会談へ、「単独では強硬な行為を止められない」―米メディア

配信日時:2016年3月17日(木) 1時10分
拡大
15日、ロイター通信によると、マレーシアのヒシャムディン国防相は、オーストラリアのペイン国防相と来週に会談し、南シナ海で中国が軍事拠点を構築していることについて協議することを明らかにした。資料写真。

2016年3月15日、ロイター通信によると、マレーシアのヒシャムディン国防相は、オーストラリアのペイン国防相と来週に会談し、南シナ海で中国が軍事拠点を構築していることについて協議することを明らかにした。

マレーシアのヒシャムディン国防相は14日、オーストラリアのペイン国防相と来週に会談し、南シナ海を軍事拠点化しないという約束を中国が守るための対応を協議すると述べた。また、フィリピンとベトナムとも会談することを明らかにした。ヒシャムディン国防相は、「中国がスプラトリー(南沙)諸島などで軍事関連施設を建設しているとの報道が相次いでいるが、それが本当なら、中国に反発せざるを得ない」と述べた。また、マレーシアが単独で中国の強硬な行動を止めることはできないと述べ、フィリピンとベトナムとも会談し、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の支持を得て、大国の行動を抑制するとの考えを示した。(翻訳・編集/蘆田)

関連記事

中国、西沙諸島の「三沙市」副市長が民間投資を歓迎するとの考え示す、年内に定期航空便も運行開始予定=米国ネットではリゾート施設に興味を示す声も

15日、ロイター通信は新華社の報道を引用し、中国が南シナ海に民間投資を呼び込み、年内に定期航空便の運航も開始する考えを示したと報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年1月18日 7時0分
続きを読む

ランキング