Record China

ヘッドライン:

「自分は台湾人」20年間で最高の73%に、「中国人」は22%―台湾世論調査

配信日時:2016年3月15日(火) 19時40分
拡大
14日、台湾の最新の世論調査で、「自分は台湾人」と考える人がこの20年間で最高の73%に上ったことが分かった。写真は台北市の繁華街・西門町。

2016年3月14日、台湾の最新の世論調査で、「自分は台湾人」と考える人がこの20年間で最高の73%に上ったことが分かった。仏RFI(中国語電子版)が伝えた。

台湾・聯合報が発表した調査結果によると、「自分は何人か」との問いに、「台湾人」と答えた人は73%に上った。一方、「台湾人であり中国人でもある」が10%、「台湾人とは中国人のことだ」が1%、「中国人」が11%で、この3つを合わせると22%となった。また「意見なし」は6%だった。

「自分は台湾人」と答えた人の割合は、1996年が44%、2006年が55%だった。

台湾の将来については、「できるだけ早く独立」が19%、「当面は現状を維持しその後に独立」が17%、「できるだけ早く統一」が4%、「当面は現状を維持しその後に統一」が8%、「永遠に現状維持」が46%、「意見なし」が6%だった。

「永遠に現状維持」と答えた人の割合は、1998年が18%、2003年が35%、04年が40%、10年に50%を超え、昨年は55%と過去最高を記録したが、今回は9ポイント減少した。(翻訳・編集/柳川)

関連記事

旅券に「台湾国」シール貼り付けの発起人、行動の一時中止を呼び掛け=香港での入境拒否受け―英メディア

28日、台湾のパスポートの表紙の「中華民国」の文字の上に「台湾国」と印字されたシールを貼り付けるキャンペーンを始めた陳致豪氏は、シールの貼り付けによる入境拒否がマカオや香港で起きたことを受け、行動の一時中止を呼び掛けた。写真は台湾の旗。

Record China
2016年2月29日 12時30分
続きを読む

<台湾総統選>「台湾アイデンティティー」、馬政権の対中急接近を警戒―融和路線は継続、経済交流も拡大へ―野党民進党・蔡主席当選確実

台湾総統選で、中国への過度の依存に慎重な民進党・蔡英文主席の勝利が確実になった。中台の交流はやや停滞する可能性があるが、台湾海峡が緊張した2000〜08年の陳水扁・民進党政権の時代に逆戻りすることはないとみられる。写真は蔡英文主席。

八牧浩行
2016年1月16日 22時2分
続きを読む

ランキング