Record China

ヘッドライン:

北米市場を抜き去り、中国が再び世界トップ!2月の映画市場は1200億円を突破―中国

配信日時:2016年3月2日(水) 20時30分
拡大
1日、中国映画市場における今年2月の総合興行収入が69億70000万元(約1210億円)となり、北米の数字を超えて世界トップになった。
(1/2枚)

2016年3月1日、中国映画市場における今年2月の総合興行収入が69億70000万元(約1210億円)となり、北米の数字を超えて世界トップになった。新浪が伝えた。

その他の写真

今年2月は春節(旧正月)の大型連休を含んだことで、興行収入が69億70000万元(約1210億円)にまでふくらんだ中国の映画市場。同月、北米地区での総合興行収入は8億ドル(約910億円)だったため、中国が世界トップに立ったことに。昨年2月には月単位の興行収入で中国が初めてトップになったため、これが2度目の快挙となる。

この記録に最も貢献したのが、チャウ・シンチー(周星馳)監督のコメディ映画「美人魚」。2月の興行収入は31億6800万元(約551億円)となり、中国映画市場で歴代最高のヒット作となった。このほか、「澳門風雲3」(ゴッド・ギャンブラー レジェンド3)、3D映画「西遊記之孫悟空三打白骨精」もそれぞれ10億元(約174億円)を突破するヒット作となっている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

「スクリーンで見たい」と悲しみの声!北米や台湾で大ヒットの「デッドプール」、中国では上映禁止―中国

22日、「X−MEN」シリーズのスピンオフ作品「デッドプール」が、台湾では封切りから興行収入ランキング1位を独走する人気を獲得。上映禁止となっている中国では、「スクリーンで見たい」とネットユーザーが悲しみを訴えている。

Record China
2016年2月25日 19時40分
続きを読む

やはり中国ではヒットしない「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」=世界の盛り上がり、中国人には理解不能―中国

26日、中国で封切られてから17日目を迎えた人気SFシリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」だが、世界が期待しているような爆発的な数字はなかなか生まれず、上映館も徐々に減少、間もなく終了を迎えようとしている。

Record China
2016年1月27日 17時20分
続きを読む

ランキング