Record China

ヘッドライン:

韓国が「痴漢対策ドローン」を開発、これで暗い夜道も安心?―中国メディア

配信日時:2016年3月2日(水) 0時50分
拡大
29日、韓国で痴漢から身を守るためのドローン(無人機)が開発されている。資料写真。

2016年2月29日、新華社によると、韓国で痴漢から身を守るためのドローン(無人機)が開発されている。

女性にとって暗い夜道を帰宅するのは痴漢や暴漢に襲われる危険があることから、これまで携帯電話で通話しているふりをしたり、唐辛子エキススプレーやスタンガン、防犯ブザーを携帯したり、さまざまな対策がとられてきたが、なかなか効果が得られなかった。

しかし、韓国で開発されているドローンは、こうした問題を解決する決め手になるかもしれない。韓国YTNテレビによると、韓国のドローンメーカーが警察などと協力して、女性や子ども、老人を暴漢から守るドローンと専用スマートフォンアプリを開発している。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

露出の少ない服装なら盗撮しても無罪に?韓国裁判所の判決に批判の声=韓国ネット「韓国の法律は加害者を優先」「夏なら有罪、冬なら無罪に?」

25日、エレベーターで女性の身体を盗撮した20代の男性に対し、「女性が露出の少ない服を着ていた上、特定の部位が強調されていない」との理由で無罪判決が言い渡された。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年1月25日 17時50分
続きを読む

ランキング