Record China

ヘッドライン:

韓国で慰安婦描いた映画が観客100万人突破、連日チケット販売1位を記録=韓国ネット「朴大統領も見て感想を」「火病で倒れそうでも見ないとね」

配信日時:2016年2月29日(月) 14時50分
拡大
28日、実話を基に韓国の慰安婦を描いたとされる映画「鬼郷」が、韓国での公開5日目で累積観客数100万人を突破した。資料写真。

2016年2月28日、実話を基に韓国慰安婦を描いたとされる映画「鬼郷」が、韓国での公開5日目で累積観客数100万人を突破した。韓国・MBNなどが伝えた。

「鬼郷」は24日、韓国の340の映画館で上映が開始され、公開から5日目の28日午後5時9分に観客数100万227人を記録した。チケット販売は連日1位を記録、初日に23.1%だった販売シェアも4日目には29.7%に伸びるなど、順調に観客を増やしている。

この作品は、映画監督の趙廷来(チョ・ジョンネ)氏が韓国の元慰安婦が書いた作品を映画化したもの。02年に構想を始めたが、当初は業界から冷遇され、完成と公開までに14年を要した。そんな作品が高い人気と関心を集めていることについて、韓国の複数のメディアが「奇跡の映画」と表現している。

また、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。

「観客1000万人を突破して、『鳴梁−渦巻く海』(14年公開、豊臣秀吉の朝鮮出兵を描いた韓国映画)の記録を超えてほしい」

「1000万突破する方に賭ける!」

「上映期間を延長して」

朴槿恵(パク・クネ)大統領も見るべき。見て感想をよろしく」

「10億円もらって、ちゃんとした謝罪すら受けられなかった朴大統領に『よくやった』と言った潘基文(パン・ギムン)国連事務総長も見るべきだ」

「映画らしい映画を見るとともに、おばあさんたちの苦しみも見ることができた。ありがとう」

「この映画、最高だった。涙が出たよ」

「応援する。映画は見たいけど、火病で倒れそう…でも見ないとね。つらい歴史も歴史だから」

「過去は過ぎ去った記憶ではなく、今の私たちの現在であり未来だ」

「歴史の残酷さを忘れれば、その残酷さにまたしてやられることになる。われわれはそのことを絶対に忘れてはいけない」

「国定教科書からは慰安婦という言葉が消えるというから、子ども向けには教育部が義務として鑑賞できるようにしてほしい」(翻訳・編集/吉金

関連記事

「韓国に戻ってきて」韓国観光公社、日本人誘致のため交流フェスティバル開催=韓国ネット「詐欺があふれる韓国に疲れた?」「親日国だから安心して」

22日、韓国メディアによると、韓国観光公社は減少する訪韓日本人観光客を呼び戻すため、17〜18日に東京で「2016日韓観光交流フェスティバル」を開催した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はソウル。

Record China
2016年2月22日 12時30分
続きを読む

韓国に高さ6メートルの「超大型少女像」登場=韓国ネット「いいアイディア!」「大統領府の庭に展示しよう」

3日、韓国メディアによると、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意の無効を訴えるために開かれる文化祭に、高さ6メートルの「超大型慰安婦少女像」が展示されることが分かり、韓国で関心を集めている。写真はソウル日本大使館前の慰安婦像。

Record China
2016年2月3日 13時30分
続きを読む

「慰安婦問題は無限に続くのか」韓国メディアが懸念=韓国ネット「合意したかどうか、投票で決めよう」「安倍さんが自分で合意をパーにした」

1日、韓国の慰安婦問題をめぐり、安倍晋三首相が「強制性はなかった」と述べたのに続き、日本政府が国連機関に「旧日本軍が強制連行した事実はない」と伝えたことなどを受け、韓国メディアが「問題は無限に続くのか」と懸念する記事を報じた。資料写真。

Record China
2016年2月2日 6時40分
続きを読む

「生きた慰安婦像」が英国の日本大使館前に登場=韓国ネット「ロンドン警官の対応は見事!」「外国人が慰安婦問題に心を痛める一方、韓国人は…」

1日、在英国日本大使館前に「生きた慰安婦像」が登場するパフォーマンスが行われたとの報道に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真は在韓日本大使館前の慰安婦像。

Record China
2016年2月1日 15時50分
続きを読む

ランキング