【募集中】中国語社内スタッフ

陳忠実原作の『白鹿原』が、西安市で、初めて公演される

配信日時:2006年7月12日(水) 12時53分
陳忠実原作の『白鹿原』が、西安市で、初めて公演される
画像ID  33998
陳忠実原作の『白鹿原』が、西安市で、初めて公演され、観客に高く評価された。
2006年7月9日夜、西安市の「易俗大劇院」で、作家陳忠実((ちん・ちゅうじつ)原作の『白鹿原』(はくろくげん)が脚色された舞台劇が、初めて陝西省で公演された。特に、役者たちは台詞をすべて陝西の方言で忠実に発音していて、観客に高く評価された。この《白鹿原》は、20世紀の1920、30年代の陝西省農村部を舞台にした、二つの家族の物語だ。限られた2時間半の劇中で、約50年にわたる歴史を表現することは大変難しいことである。そのために、北京人民芸術劇院の役者や中国人民解放軍総政治部劇団の役者、および陝西民間芸人の人たちは、3年間をかけて、地道な稽古を積み重ねて、今回の公演に臨んだという。そのひたむきな努力が確かな成果として結実し、観客のこころを捉えたのであろう。

その他の写真

最新ニュースはこちら

SNS話題記事