Record China

ヘッドライン:

<世界で活躍する日本人>世界の貧困・飢餓撲滅へ全力、「持続可能な開発目標」指標づくりに取り組む―大崎敬子・国連経済社会局統計部次長

配信日時:2016年2月13日(土) 7時50分
拡大
ニューヨーク国連本部で「持続可能な開発目標(SDG)」の指標とりまとめ作業に携わる大崎敬子・国連本部経済社会局統計部次長が、東京都内で会見した。27年に及ぶ国連勤務の実態と今後の課題について語った。

2016年2月10日、ニューヨーク国連本部で「持続可能な開発目標(SDG)」の指標とりまとめ作業に携わる大崎敬子・国連本部経済社会局統計部次長が、東京都内の日本記者クラブで会見。27年に及ぶ国連勤務の実態と今後の課題について語った。

大崎氏は、昨年9月に150カ国以上の首脳が出席して、ニューヨークで開かれた「開発サミット」で採択された「持続可能な開発目標2030」(SDG)を測る具体的な指標づくりが、統計部の重要な任務になっている、と説明。加盟国の統計は信用できるかと問われ、疑問を抱き「確かめてほしい」と言って、その国とやりとりすることもあるとしながらも、「基本的には、その国の統計局の数字を国連は信用する」と述べた。発言要旨は次の通り。

SDGは「人々と地球のために、私たちの世界を転換させよう」という理想を掲げている。国連が取り組む大プロジェクトであり、前回の教育・保健衛生を中心とした「ミレ二アム開発目標」(MDG)を受け継ぎ、今後15年間に達成すべき17の目標と169のターゲットを設定した。目標は、貧困・飢餓の撲滅、健康と福祉、質の高い教育、ジェンダー(男女)平等、きれいな水と衛生、クリーンエネルギー、格差是正、経済成長、技術革新など多岐にわたる。目標を達成したかどうかを判断するのは統計数字であり、統計部が229項目もの指標づくりに取り組むことになった。

(加盟国の統計について信用できるかと問われ)統計がウソでは?と思うことは時々ある。「もう一度、確かめてほしい」と言って、その国とやりとりするが、政治的にセンシティブ(敏感)な問題もある。「わが国でこんなにエイズで死んでいるはずがない」といわれたこともあるが、基本的には、その国の統計局の数字を国連は信用する。

20歳の時、スリランカで2週間、ホームステイしたことが国連への道を歩むきっかけとなった。高度成長期の日本を初めて離れて、モノはないが楽しそうなスリランカを知った。途上国の暮らしはよくも悪くもショッキングな体験だった。

大学を出て国際開発関係のNGO(非政府組織)で働いたが、大学院レベルの知識が必要とわかり、25歳でOL留学し、国連の試験を受けたら採用された。国連での仕事は27年になるが、国連は職場環境が整い、女性であるが故に気を配ってくれるところもあり、居心地がいいところ。活躍されている女性の先輩の背中を見ながら頑張れた。

国籍が違っても志を同じくする同僚と働くことが可能で、達成感もある。ニューヨーク本部で働く日本人177人のうち、女性は7割近い。途上国の健全な発展の手伝いができ、やりがいがある。(八牧浩行)



■筆者プロフィール:八牧浩行
1971年時事通信社入社。 編集局経済部記者、ロンドン特派員、経済部長、常務取締役、編集局長等を歴任。この間、財界、大蔵省、日銀キャップを務めたほか、欧州、米国、アフリカ、中東、アジア諸国を取材。英国・サッチャー首相、中国・李鵬首相をはじめ多くの首脳と会見。現在、日中経済文化促進会会長。Record China相談役・主筆。著著に「中国危機ー巨大化するチャイナリスクに備えよ」など。 ジャーナリストとして、取材・執筆・講演等も行っている。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。

関連記事

北朝鮮の核弾頭ミサイルが米国まで到達するようになれば「日米同盟は破たん」=日本を助ければ、米国市民数十万人が犠牲に!?―聖学院大学教授

宮本悟・聖学院大学教授が講演し、「北朝鮮の核弾頭ミサイルが米国まで到達するようになる可能性がある」と指摘。米国が日本や韓国を北朝鮮の攻撃から助けた場合、米本土が攻撃され、「日米同盟は破たんする」と警告した。

八牧浩行
2016年2月11日 9時30分
続きを読む

日本政府、国連女子差別撤廃委員会に「慰安婦の強制連行は確認できず」との答弁書を提出=海外ネット「広島と長崎への原爆投下も確認できない」

3日、AFP通信によると、日本政府は第二次世界大戦中の慰安婦について、「日本軍や政府による強制連行は確認できなかった」との答弁書を国連女子差別撤廃委員会に提出した。この報道に、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年2月4日 23時10分
続きを読む

<緊急・北朝鮮問題セミナー>韓国は対抗上、核兵器保有計画を打ち出すべき=5月労働党大会で遠大な改革開放ビジョン提示か―有力韓国人専門家

29日、東アジア総合研究所主催の緊急時局北朝鮮問題セミナーが「朝鮮労働党第7回大会を占う」をテーマに、東京で開催された。北朝鮮研究の政治と経済における第一人者である、鄭成長・韓国世宗研究所統一戦略研究室長、梁文秀・韓国北韓大学院大学教授らが報告した。

八牧浩行
2016年2月1日 7時20分
続きを読む

ランキング