Record China

ヘッドライン:

日本の捕鯨問題を扱った映画の公式サイトにサイバー攻撃=中国ネット「よくやった!」「中国人は他国のことをとやかく言う資格はない」

配信日時:2016年2月9日(火) 21時40分
拡大
8日、ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」の反証作品「ビハインド・ザ・コーヴ」の公式ウェブサイトがサイバー攻撃を受けた問題に、中国のネットユーザーがコメントしている。写真はイルカ。

2016年2月8日、日本の和歌山県太地町の捕鯨を記録したドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」の反証作品「ビハインド・ザ・コーヴ」の公式ウェブサイトがサイバー攻撃を受けたことについて、中国のネットユーザーがコメントしている。

日本メディアなどによると、1月30日から東京新宿の劇場で上映されている「ビハインド・ザ・コーヴ」の公式ウェブサイトなどが、前日の29日に一時閲覧できない状況になったという。同作品の八木景子監督は、ハッカー集団「アノニマス」によるものではないかとの見方を示している。

日本の捕鯨について、中国のネットユーザーはこれまで批判的なコメントが数多く寄せられてきた。この報道には、「ハッカーはよくやった!」「日本人は野蛮だ」「『ザ・コーヴ』を見て、南京大虐殺がどれだけ残虐だったか想像できた」「日本人は礼儀正しい一方で、非常に残酷。本当に奇妙だ」といった声がある一方で、「中国人はイヌを食べる、日本人はクジラを食べる。どっちもどっちだな」「食に関しては、中国人は他国のことをとやかく言う資格はない」といった声も散見される。(翻訳・編集/北田

関連記事

映画「ザ・コーヴ」出演のイルカ保護活動家、日本で入国拒否される=中国ネット「せせこましい民族だ」「中国みたいなことするなよ!」

20日、中国新聞網は、日本のイルカ追い込み漁を批判的に描いた映画「ザ・コーヴ」の主演をつとめたリチャード・オバリー氏が、日本の空港で入国拒否されたと伝えた。米国籍のオバリー氏は、イルカ保護活動家でもある。写真はイルカ。

Record China
2016年1月21日 11時50分
続きを読む

日本人はなぜ調査捕鯨と平気でうそをつけるのか?=「日本政府は時々うそをつくけど、中国政府は本当のことを話したことがない」―中国ネット

23日、中国の掲示板サイトに、「日本人はなぜうそをつくのが好きなのか?」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年12月25日 21時20分
続きを読む

ターンブル豪首相、日本の調査捕鯨再開に「深い失望」=欧米ネット「日本人は環境テロリストだ」「ミンククジラは大西洋にはたくさんいるようだよ」

18日、ロイター通信によると、訪日したオーストラリアのターンブル首相は18日、日本が再開した調査捕鯨に深い失望を表明した。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。写真はクジラ。

Record China
2015年12月19日 12時0分
続きを読む

ランキング