Record China

ヘッドライン:

「中国外交部はうそつきだ!」=中国人がノービザで入国できる国は10カ国もなかった―中国ネット

配信日時:2016年2月11日(木) 12時50分
拡大
8日、中国のインターネット上に「中国外交部がうそをついた」と指摘する文章が掲載された。写真は中国のパスポート。

2016年2月8日、中国のインターネット上に「中国外交部がうそをついた」と指摘する文章が掲載された。

外交部のうそとは、「一般旅券を所持する中国人に対し、ビザを免除したり、到着時のビザ(アライバルビザ)を発給したりする国は53カ国に上っている」という外交部責任者の発言を指したもの。投稿者は中国とビザ免除協定を結んでいる諸外国(108カ国)の一覧表を掲載し、「真面目に3回ほど数えたが、実際に中国の一般市民にビザ免除を認めているのは聞いたこともないような小国だけだ」と指摘した。

現時点で一般の中国人旅行者に対してビザ免除措置を取っているのはバハマ、フィジー、グレナダ、モーリシャス、セーシェル、サンマリノの6カ国だけ。

投稿者は「6カ国と53カ国とでは差がありすぎる」「中国人の誇りを高めるために108カ国という数がアピールされているが、実際は外交旅券が対象になるケースがほとんど」などと感想を述べ、「公にされている情報について外交部関係者は公然とうそをついた。官製メディアもこれをそのまま広めている」と非難、「国民の自尊心や幸福感を高めるどころか、逆に政府やメディアに対する信頼を損ね、虚偽捏造(ねつぞう)が横行するような雰囲気を作り出してしまう」と懸念の言葉をつづった。(翻訳・編集/野谷

関連記事

韓国で友人と搭乗券を交換、飛行機を引き返させた乗客に賠償命令=韓国ネット「第2のナッツ事件?」「航空会社のミスの方が深刻」

24日、韓国メディアによると、友人同士で飛行機のチケットを交換して搭乗し、飛行機を引き返させた乗客らに対し、韓国裁判所が賠償金2500万ウォン(約248万円)の支払いを命じた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はアシアナ航空機。

Record China
2016年1月25日 15時0分
続きを読む

「台湾国」のシール貼ったパスポートで入国拒否される、シールはがしても入国できず―中国メディア

9日、中国台湾網によると、台湾のパスポートの表紙の「中華民国」の文字の上に「台湾国」と印字されたシールを張り付けて他国の入国審査を通過しようとした台湾人が入国を拒否されるケースが相次いでいる。写真は台湾のパスポート。

Record China
2015年12月9日 12時50分
続きを読む

ランキング