Record China

ヘッドライン:

在日中国人労働者が32万人を突破も、労働条件の厳しい技能実習生は減少―日本華字紙

配信日時:2016年2月9日(火) 5時30分
拡大
6日、日本で働く中国人の数が前年比で1万人余り増え、32万人を超えたことが、日本の厚生労働省が発表した最新資料から明らかになった。写真は新宿。
(1/2枚)

2016年2月6日、日本華字紙・中文導報によると、日本で働く中国人の数が前年比で1万人余り増え、32万人を超えたことが、日本の厚生労働省が発表した最新資料から明らかになった。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

資料によると、日本で働く外国人の総数は、2015年10月末時点で、前年から12万269人増の90万789人となった。そのうち中国人は32万2000人で、国別で最多の35.5%を占めている。

中国人労働者は、前年比で1万714人増えたが、外国人労働者全体に占める割合は前年の39.6%から減少した。高い学歴と一定の技能、さらに永住者の在留資格も持つ安定した層は増加している。一方で、中国国内の経済発展により、日本へ働きに行く魅力が低下しており、特に労働条件の厳しい技能実習生は減少が明確になっている。

また、為替の変動によって円安傾向にあり、日本で得た収入が目減りすることも、日本へ働きに行く魅力の低下につながっている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

外国人実習制度、中国人が数千人失踪で批判も―米メディア

24日、ボイス・オブ・アメリカは、日本で働きながら技術を学んでもらう「技能実習制度」で来日した外国人が相次ぎ実習先から失踪している問題で、「失踪者のうち最も多いのは中国人。実習とは名ばかりなのが現状で、制度自体が批判を受けている」と伝えた。資料写真。

Record China
2015年12月25日 10時40分
続きを読む

中国人女性「日本へ出稼ぎ、3年働き家を買った」=中国ネット「日本人に頭を下げて稼いだ金」「骨まで貧しくなれない」「日本で暮らしたら帰れない」

26日、北京青年報は、「日本へ行ったアパレル工場の女性工員が3年働いて家を買った」という記事が中国のインターネット上で話題を呼び、日本への出稼ぎに再び関心が寄せられていると報じた。写真は中国の住宅地。

Record China
2015年4月28日 4時13分
続きを読む

ランキング