Record China

ヘッドライン:

京都の神社が台南地震お見舞いの張り紙、見つけた台湾女性がSNSにアップし、台湾ネットユーザーの感動呼ぶ

配信日時:2016年2月7日(日) 7時30分
拡大
6日、台湾中央社によると、台湾南部で起きた地震を受け、京都市右京区の嵯峨野にある野宮神社が被災者へのお見舞いのメッセージを張り出し、台湾のネットユーザーが感謝を示している。写真は日本の報道。
(1/2枚)

2016年2月6日、台湾中央社によると、台湾南部で起きた地震を受け、京都市右京区の嵯峨野にある野宮神社が被災者へのお見舞いのメッセージを張り出し、台湾のネットユーザーが感謝を示している。

その他の写真

6日、台湾でマグニチュード6.4の地震が起き、これまでに11人が犠牲になった。そうした中、日本を旅行中の台湾人観光客・顧さんが、京都の野宮神社を訪れた際にある張り紙に気付いた。張り紙には、「台湾南部での地震発生に心よりお見舞い申し上げます。台南高雄の皆様の御無事をお祈りいたします」というメッセージが日本語と中国語で書かれていた。顧さんはこの張り紙を写真に撮り、フェイスブックに「京都に来た最初の晩に台湾で地震が起きた。今日、嵐山に来て心が温まる1枚を見た」というコメントを添えて投稿した。

顧さんの投稿は大きな反響を呼び、1万3000人が「いいね」を押した。台湾のネットユーザーからは、「とても感動した」「ありがとう、日本」「私たちは兄弟です」「見たら心が温かくなった」といったコメントが寄せられたという。(翻訳・編集/北田

関連記事

東日本大震災から4年、日本の感謝が台湾で再び話題に=「目から汗が…」「友人のピンチにはもちろん手を差し出す」

12日、台湾・自由時報は、東日本大震災から4年が経過したことに合わせて、自民党の古川禎久議員が2011年に国会で行った野田佳彦首相への質問を報じた。台湾ネットユーザーから感動のコメントが寄せられている。資料写真。

Record China
2015年3月13日 20時33分
続きを読む

ランキング