Record China

ヘッドライン:

日本のカメラメーカーによる一斉値上げに中国ネットは反省?=「核心技術を持っていないことがいかに恐ろしいかがよく分かる」

配信日時:2016年5月11日(水) 8時10分
拡大
2016年5月9日、中国メディアの北京青年報は、日本のカメラメーカーが一斉に値上げをした理由について分析する記事を掲載した。

記事によると、ソニー、ニコン、キャノンのいずれのメーカーもカメラやレンズが値上がりしており、値上げ幅は5%から8%ほどだという。その理由について記事は、円高によって製品の仕入れ価格や製造コストが上昇していることや、熊本地震の影響で部品の仕入れが難しくなっていることが関係しているとした。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本製品は買わないから関係ない」
「生活必需品ではないからな。買わなければいいだけ」

「値上げしようがしまいが、高くて買えないことに変わりはない」
「独占し、核心技術を持っている。ライバルはいないのだから価格は俺が決める、ということだな」

「どんなに高くなっても買う人はいる」
「中国人は安いと買わない。メンツがつぶれるから。高いと自慢になるから買う」

「この種のカメラは専門の人や愛好家だけが買うようなものだからな。今は携帯があれば事足りる」
「一眼レフを前に買ったけど、数えるほどしか使わない。旅行に行くにも重くて不便。結局携帯で用は済む」

「核心技術を持っていないことがいかに恐ろしいかがよく分かる。中華民族の復興の道はまだまだ遠いようだ」
「それより不動産が値上がりするかどうかに関心がある」(翻訳・編集/山中)
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナでは正社員、在宅ライター、コラムニストをそれぞれ募集しています。
志望される職種を明記の上、どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国で交通量の多い道路が突然陥没、警官が機転利かせ惨事防ぐ、防犯カメラに一部始終=「英雄だ」海外でも反響

27日、中国浙江省杭州市の交通量の多い交差点でこのほど、路面に亀裂を発見した警官が手際よくカラーコーンを設置して車の進入を防ぎ、その数分後に路面が陥没する一部始終を捉えた防犯カメラの映像が話題だ。

Record china
2016年4月28日 1時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング