Record China

ヘッドライン:

韓国軍が独自のミサイル迎撃システムを本格配備へ=韓国ネット「自慢はいいから撃ってみて」「不正さえなければ、韓国の国防力は世界5位に入る」

配信日時:2016年2月23日(火) 4時10分
拡大
21日、北朝鮮による長距離ミサイル発射を受け、米軍のミサイル防衛システムの配備が議論されている韓国だが、韓国軍が昨年末から国産のミサイル迎撃システムの本格導入を進めていることが分かった。資料写真。

2016年2月21日、北朝鮮による長距離ミサイル発射を受け、米軍のミサイル防衛システムの配備が議論されている韓国だが、韓国軍が昨年末から国産のミサイル迎撃システムの本格導入を進めていることが分かった。韓国・SBSテレビが報じた。

韓国軍が実戦配備を進めているのは、中距離地対空ミサイル「M−SAM(エムサム)」。昨年末すでに3基を導入し、20年までに20基以上を配備する計画だという。M−SAMは高度40キロまでの迎撃が可能で、米軍の「PAC−3」と同等の性能。軍はこれと合わせ、長距離地対空ミサイル「L−SAM(エルサム)」の開発を20年代初めまでに終え、韓国型ミサイル防衛システム「KAMD」を構築する計画だ。

これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「不正さえなければ、韓国の国防力は世界5位に入る」

「どんな良い物を作るにしても、とにかく不正をなくさないことには…」

「武器自慢はもういいから、さっさと北朝鮮に撃ってみて」

「独自の迎撃ミサイルを開発とは、気分が良くなる記事だ」

「良い現象。米国の技術に頼ってばかりいないで、独自のシステムを備えることも大切だ」

「国防に使うお金はまったく惜しくない。今後もこの姿勢で頼むよ」

「国の安保より重要なものはない。ハンファだけでなく、サムスンや現代、SK、LGなどの大企業も武器開発に取り組んで量産すべきだ」

「飛んで来るミサイルを迎撃したら、すぐに100倍返しできるような戦略を!」

「防御ばかりしてないで、攻撃すべき」

「中国よ、韓国を無視するなよ」(翻訳・編集/吉金

関連記事

どうなる韓国軍の戦車、開発人員がゼロになる可能性も=「戦争はまだ終わってないというのに」「安保を日米に一任するのか?」―韓国ネット

11日、ソウル経済新聞によると、韓国軍の次期戦車として計画されているK3戦車の開発が、人員不足のために全く行われていないことが確認された。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

Record China
2016年2月13日 5時50分
続きを読む

「高度1000キロまで追跡可能」と主張した韓国軍、実際は380キロで北のミサイル見失う=韓国ネット「情けない」「口で戦争するつもり?」

10日、韓国メディアによると、7日午前9時半に打ち上げられた北朝鮮の長距離弾道ミサイルを追跡していた韓国軍が、発射地点の平安北道東倉里から南に790キロ、高度380キロ余りの地点で見失っていたことが分かり、韓国で批判の声が上がっている。資料写真。

Record China
2016年2月10日 18時10分
続きを読む

韓国メディア、北朝鮮のミサイル発射伝えた日本の情報力に感心=韓国ネット「やるせない気持ちになった」「韓国には拡声器があるじゃないか」

7日、北朝鮮によるミサイル発射をめぐり、日本政府やメディアが周辺国の中で最も早く対応し、その情報力を見せつけたと韓国メディアが報じ、これに韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年2月9日 16時40分
続きを読む

韓国軍「北朝鮮のミサイルを迎撃する」と発表も、今の軍備ではほぼ無理=韓国ネット「恥ずかしくて倒れそう」「口で戦争してるみたい」

4日、北朝鮮の長距離ミサイルが韓国の領土・領海に侵入した場合は迎撃すると韓国国防部が発表したが、韓国の複数のメディアが、現在の軍備では迎撃はほとんど不可能だと報じた。資料写真。

Record China
2016年2月5日 18時30分
続きを読む

ランキング