Record China

ヘッドライン:

最新鋭戦闘機J−20の新機体を確認、量産体制に入った可能性も―中国

配信日時:2016年1月21日(木) 7時30分
拡大
19日、中国の軍事ニュースサイトに最新鋭戦闘機J−20の新機体「2102」の写真が流出している。写真はJ−20。
(1/2枚)

2016年1月19日、台湾・中央通訊社によると、中国の最新鋭戦闘機J−20(殲−20)の新機体が確認された。すでに小規模量産がスタートしたとみられている。中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

その他の写真

中国の軍事ニュースサイトにJ−20の新機体「2102」の写真が流出した。従来は「2001」「2002」など20から始まる番号の機体が確認されてきたが、昨年末から「2101」「2102」という21から始まる番号の機体2機が確認された。この2機はいずれも黄色く塗装されている。

中国の専門家は番号と塗装の変化からみて、新たな機体は量産されたものだと指摘。米軍の最新鋭戦闘機F−22に匹敵する第5世代戦闘機J−20が小規模ながらも量産体制に入ったと分析している。(翻訳・編集/増田聡太郎

関連記事

中国自慢の殲−20もやっぱりエンジンはロシア製を採用、「ロシアのエンジンを使うことのどこが悪い」と開き直りの声―中国ネット

23日、中国メディアの新浪は、中国が開発中のステルス戦闘機・殲−20のエンジンに、ロシア製エンジンが搭載される見込みだと伝えた。このニュースに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はミグ29。

Record China
2015年4月26日 7時51分
続きを読む

黒煙を吐いて飛ぶ中国ステルス機は第5世代戦闘機にあらず?露専門家の意見に「ロシアは焼きもち焼いているな」と余裕の声―中国ネット

16日、中国メディアの新浪は、ロシアの専門家が、中国が開発中のステルス機は第5世代戦闘機とは言えないとの見方を示したことを伝えた。これに対して中国のネットユーザーからは強気のコメントが多く寄せられた。写真は殲−31。

Record China
2015年2月17日 17時15分
続きを読む

ランキング