Record China

ヘッドライン:

日本でも米国でもない!世界経済の成長、最大の功労者は中国―海外メディア

配信日時:2016年9月2日(金) 8時40分
拡大
1日、世界では中国経済の低迷を指摘する声が多いが、環球時報は海外メディアの報道を紹介し、中国が依然として世界経済の成長の最大の功労者だと伝えた。写真は上海。

2016年9月1日、世界では中国経済の低迷を指摘する声が多いが、環球時報は海外メディアの報道を紹介し、中国が依然として世界経済の成長の最大の功労者だと伝えた。

カタールの衛星テレビ局・アルジャジーラは、「中国の今年のGDP(国内総生産)成長率が目標の6.7%を達成した場合、世界経済のGDP成長率の1.2%相当の貢献をすることになる。国際通貨基金(IMF)は7月の発表で、2016年の世界経済成長率を3.1%と予測しているが、中国は世界経済成長率の39%を占めることになる。経済が復活していると言われる米国でも世界経済成長への貢献は中国の4分の1で、欧州は0.2%、日本は0.1%にも満たない。日米欧などの先進国の合計は0.8%ほどで、中国の数字はこの合計の1.5倍に相当する」と報じた。

報道ではこうしたデータから、中国が世界経済を支える存在であることは間違いないと指摘。「世界では日本や米国に注目する傾向があるが、疲弊した世界経済において中国の存在は大きく、切り札は依然として中国が握っている」と結んだ。(翻訳・編集/内山

レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

世界経済成長率予測を引き下げ、今年3.1%―国際通貨基金

19日、国際通貨基金は「世界経済見通し」を発表し、今年と来年の世界経済成長率予測値を引き下げるとともに、英国のEU離脱をめぐる国民投票の結果がもたらした不確定性がグローバル経済の成長に下押しリスクをもたらしているとの見方を示した。資料写真。

人民網日本語版
2016年7月20日 21時40分
続きを読む

<どうなる中国経済>燻り続ける「崩壊論」の行方?=2024年に米国を追い抜くのは「幻想」か

「中国経済崩壊論」が日本メディアを賑わしてきた。一方で、IMFなど各種国際機関の中期予測によると、世界全体のGDPに占める中国の割合は2024年には20%に拡大、「米国を抜き世界一の経済大国になる」という。その真贋は?資料写真。

八牧浩行
2016年8月17日 8時50分
続きを読む

日本の第2四半期GDP成長率はわずか0.2%、経済低迷が鮮明=中国ネット「でも日本人の方が我々より良い生活をしている」

15日、中国メディアの観察者網は、日本の2016年第2四半期の国内総生産(GDP)成長率が年率でわずか0.2%増となり、経済停滞が顕著であると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年8月16日 23時50分
続きを読む

ランキング