Record China

ヘッドライン:

「2015最低な映画」は「従天兒降」に決定、人気のヤン・ミー「最低な女優」―中国

配信日時:2016年1月16日(土) 19時40分
拡大
15日、中国のポータルサイト・捜狐(SOHU)が、ユーザーの投票による「2015の最低な映画」ランキングを発表。「最低な俳優」「最低な女優」も同時に発表された。写真はヤン・ミー。
(1/4枚)

2016年1月15日、中国のポータルサイト・捜狐(SOHU)が、ユーザーの投票による「2015の最低な映画」ランキングを発表。「最低な俳優」「最低な女優」も同時に発表された。

その他の写真

昨年公開された中国語映画の中から、20万人を超えるネットユーザーが投票で選んだもの。残念ながら1位となってしまったのは、昨年12月公開のコメディー映画「従天兒降」だった。同作は女優チャン・ツィイー(章子怡)がプロデュースし、韓流ユニットEXOの華人メンバーのレイ(張芸興/チャン・イーシン)、俳優チェン・シュエドン(陳学冬)ら人気イケメンスターたちが出演。捜狐では、「出演者やこの映画を支持する観客が、のちに過去を振り返った時、人生で最も勇敢な行動だったと思うことだろう」と、辛すぎる言葉で酷評している。

2位以下には、俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)と女優ヤン・ミー(楊冪)主演の「ユア・マイ・サンシャイン」をはじめ、青春ラブロマンス「梔子花開」、人気バラエティー番組の映画版「奔[足包][口巴]、兄弟」などが並んでいる。

「最低な俳優」に選ばれたのは、若手演技派として知られるチョン・カイ。年度代表作として、ラブコメ映画「前任2:備胎反撃戦」などが挙がっている。

「最低な女優」に選ばれたのは、人気女優のヤン・ミー。こちらは何と言っても「最低映画」第2位に選ばれた「ユア・マイ・サンシャイン」のマイナスパワーが大きく影響している。中国版ラジー賞「金掃箒奨」にも、この結果が大きく影響するだろうとされている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング