Record China

ヘッドライン:

爆笑必至!?中国料理店の英語のメニューがめちゃくちゃ―中国メディア

配信日時:2016年1月16日(土) 18時50分
拡大
13日、中国のポータルサイト・網易に、「外国人を泣かせる中国料理のメニュー」と題する記事が掲載された。写真は中国料理。

2016年1月13日、中国のポータルサイト・網易に、「外国人を泣かせる中国料理のメニュー」と題する記事が掲載された。

記事では、中国料理店のメニューに記載されている、英語の料理名や料理の説明を紹介している。もちろん、外国人のための配慮だが、その内容は驚くべきものだった。

まず、ある中国のレストランのメニューでは、「四喜[火考]夫(麩の炒め物)」が“Sixi roasted husband”と「旦那」が焼かれてしまっている。これは「旦那」を意味する「夫」が入っていることからまだ理解できるが、別のレストランでは「野山椒牛肉(トウガラシと牛肉の炒め物)」の説明が“You and your family”(あなたとあなたの家族)となっており、まったく意味が分からない。また別のレストランでは、卵の蒸し料理が“Steam eggs with wikipedia”とされ、なぜか「ウィキペディア」が登場する。

そして、台湾のレストランでは、「炒水蓮(水蓮菜という野菜の炒め物)」という料理の説明に“I can’t find on google but it’s delicious”(グーグルでは見つかりませんでしたがおいしいです)と書かれている。これには、メニュー作成者の苦労が感じられる。

こうした間違いには思わず笑ってしまうが、実は日本国内の英語や中国語の表記の中にもネイティブスピーカーにとっては意味が分からないものが多々あるようで、以前には“Please use the restroom beautifully”という日本のトイレの注意書きが利用者から修正されたこともあった。在日中国人は、中国人観光客が増えてからは、店などに意味が理解できない中国語の案内も増えたと話す。

2020年の東京五輪には大勢の外国人が訪れる日本も、笑ってばかりはいられないかもしれない。(翻訳・編集/北田

関連記事

列車の中で日本人の悪口を言い続けたおじいちゃん、となりの大学生に「あんたどこの出身だい?」=返ってきた答えは…―中国ネット

25日、中国のインターネット掲示板で、「日本人が中国人を嫌いな理由」をテーマにさまざまな意見が飛び交う中、あるネットユーザーは自分の子どものころの体験を記している。写真は中国の汽車。

Record China
2015年6月27日 7時40分
続きを読む

ランキング