Record China

ヘッドライン:

SMAP解散報道、中国メディアも報じる=ネットからは「ありえない」「解散なんてしないで!」の声

配信日時:2016年1月13日(水) 10時5分
拡大
13日、日本メディアによる人気グループのSMAPの解散報道が、中国でも話題になっている。写真は11年に行われた中国公演でのSMAPファン。

2016年1月13日、日本メディアによる人気グループのSMAPの解散報道が、中国でも話題になっている。

中国のポータルサイト・新浪の芸能ニュースは、日本メディアの報道を引用する形で、「日本のスーパーグループ・SMAPの中居正広、稲垣吾朗、草なぎ剛、香取慎吾の4人がジャニーズ事務所から独立し、事実上の解散となる」と報じた。なお、木村拓哉はジャニーズ事務所にとどまるとされている。記事では、「SMAPの解散説が浮上するのは今回が初めてではない。事務所の正式な発表が待たれる」などと伝えられている。

SMAPは2011年9月に中国北京で初の海外公演を行っている。今回の解散報道に、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には多数のコメントが寄せられている。以下は、コメントの一部。

「まだ確定した情報ではないんでしょ?」

「解散なんてしないで!」

「信じられませんね」

「うそでしょ。ありえないよ」

「誰?」

「キムタクしか知らない」

「夜空ノムコウは良い曲だよな」

「世界に一つだけの花が…」

「解散説は前から出てた。もっと早く解散すべきだったんじゃない?」

「実際のところ、事務所が若返りを図りたかっただけじゃないか?」

「ジャニーズのベテラン。もう25年以上もやってきたんだから、各自の人生を歩みたくなったんだろうね」

「木村は私が一番好きな日本の芸能人!歌はあまり聞いたことないけど、ドラマはたくさん見た」

「SMAPだけはいつまでも解散しないと思ってた」

「泣きそう。25周年特別企画の時、5人は『ベスト・フレンド』を歌った。中居は子どものように泣いていた。彼は『100人を相手にしてもSMAPを守る』と言っていた。本当に解散するなら、理由は分からないけど、5人にはコントロールできないことだったんじゃないかな」(翻訳・編集/北田

関連記事

ランキング