米国籍とみられる男性、北朝鮮当局にスパイ容疑で拘束か=米国ネット「だからトランプ氏が大統領になるべき!」「なぜ北朝鮮に行く人間がまだいる?」

配信日時:2016年1月12日(火) 8時23分
米国籍とみられる男性、北朝鮮当局にスパイ容疑で拘束か=米国ネット「だからトランプ氏が大統領になるべき!」「なぜ北朝鮮に行く人間がまだいる?」
画像ID  497192
11日、米CNNは、米国籍を持つとみられる男性が北朝鮮当局にスパイ容疑で拘束されたと報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。
2016年1月11日、米CNNは、米国籍を持つとみられる男性が北朝鮮当局にスパイ容疑で拘束されたと報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

CNNが平壌のホテルで取材したところによると、北朝鮮当局がスパイ容疑で拘束したのはキム・ドンチョルと名乗る62歳の男性で、2001年から北朝鮮との国境に近い中国の都市に移り、中朝間を行き来し、ビジネスを行っていたという。また、キム氏は13年から「韓国の保守勢力」のために情報収集活動を行っていたと述べており、「北朝鮮軍の秘密や『スキャンダラスな現場』の写真を撮影する任務を負っていた」と語っている。昨年10月に北朝鮮当局にスパイ容疑で拘束された。キム氏は取材中に、米政府か韓国政府に自身を救出してほしいと述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「なぜ北朝鮮に行く人間がまだいるんだ?」
「北朝鮮に行くなんて、自分で自分の墓穴を掘るようなものだ」

「オバマ大統領なら、いくらかの豆や砂糖と彼との交換取引に応じるだろう」
「だからドナルド・トランプ氏が大統領になるべきなんだ!」

「米国籍の人間を人質に取っている国への援助はすべて打ち切るべきだ」
「たぶん彼はスパイだね」

「『スキャンダラスな現場』だって?彼らの不倫現場の写真でも撮っていたというのか?」
「たぶん、彼には北朝鮮の国籍が与えられるんじゃないのか?」(翻訳・編集/蘆田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事