Record China

ヘッドライン:

「一番好きな宮崎アニメは?」=監督の75歳の誕生日に中国ネットでアンケート、1位はダントツであの作品

配信日時:2016年1月8日(金) 17時20分
拡大
2016年1月5日、日本のアニメ映画監督・宮崎駿氏の75回目の誕生日に合わせて、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で一番好きな作品を尋ねるアンケートが行われた。

宮崎監督は「アニメ界の巨匠」として中国での人気が非常に高く、また、その反戦的な言動を支持する声も多い。そんな宮崎監督の75歳の誕生日に合わせて、中国のポータルサイト・新浪の芸能チャネル・新浪娯楽のアカウントが「皆さんの一番好きな宮崎アニメは何ですか?」というアンケートを実施。選択肢は『天空の城ラピュタ』『トトロ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『魔女の宅急便』『紅の豚』『崖の上のポニョ』『風立ちぬ』の9作品となっている。投票は5日午後1時ごろから始まり、8日午前の時点で2000人以上が投票している。

気になる投票結果は以下だ。

1位 千と千尋の神隠し(41.3%)
2位 ハウルの動く城(22.8%)
3位 となりのトトロ(15.1%)
4位 天空の城ラピュタ(8.2%)
5位 もののけ姫(3.4%)
6位 崖の上のポニョ(3.3%)
7位 風立ちぬ(2.6%)
8位 魔女の宅急便(2.5%)
9位 紅の豚(0.6%)

ちなみに少し前になるが、2013年9月にオリコンが日本で1000人の男女を対象に行った調査では、以下のような結果になっている。

1位 となりのトトロ
2位 天空の城ラピュタ
3位 千と千尋の神隠し
4位 ルパン三世 カリオストロの城
5位 魔女の宅急便
6位 風の谷のナウシカ
7位 もののけ姫
8位 紅の豚
9位 ハウルの動く城
10位 崖の上のポニョ

選択肢は多少異なるが、中国では『千と千尋の神隠し』が絶大な人気を誇っていることがわかる。また、日本ではそれほど人気の高くない『ハウルの動く城』も、中国人にとっては魅力的な作品のようだ。『となりのトトロ』や『天空の城ラピュタ』といった不朽の名作は、日中両国で人気が高い。

中国のネットユーザーからは、「誕生日おめでとうございます!数少ない好きな日本人の一人。平和の使者だ」といったお祝いの言葉や、「全部全部全部好き!」「どれも見逃しちゃだめでしょ」「『千と千尋』が一番好き。初めて見た宮崎アニメ」「どうして『風の谷のナウシカ』がないの?」といったコメントが1000件以上寄せられている。(翻訳・編集/北田

関連記事

韓国のショッピングモールをトトロやドラえもんが占領!国産キャラ不在を嘆く報道に、韓国ネット「そもそも日本の漫画の方が面白い」

21日、日本や米国で生まれたキャラクターが韓国の大型ショッピングモールを「占領」しつつあり、韓国のキャラクターたちがなおざりにされているとの声が上がっている。写真はロッテワールドモール。

Record China
2015年12月22日 0時29分
続きを読む

ジブリ美術館チケットのダフ屋行為で中国人の女を逮捕=「中国では普通のことなのに」「最近、日本で逮捕される中国人が多い」―中国ネット

8日、中国メディアの澎湃新聞は「三鷹の森ジブリ美術館」のチケットを転売目的で購入したとして、中国籍の女性が逮捕されたことを伝えた。このニュースに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は三鷹の森ジブリ美術館。

Record China
2015年4月9日 19時17分
続きを読む

宮崎駿氏が安倍首相に喝!「歴史に名を残したいのだろうが、愚劣だ」=韓国ネット「さすが巨匠!」「『風立ちぬ』でゼロ戦を美化していたのに?」

13日、アニメ映画監督の宮崎駿氏が東京都内で記者会見し、安保法案成立を急ぐ安倍首相を「愚劣」と批判したと韓国メディアが報じ、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。写真は中国の出版物に掲載された宮崎氏。

Record China
2015年7月14日 11時44分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング