Record China

ヘッドライン:

たった1人の女子高生のために営業、北海道の駅が閉鎖へ=中国ネットでも話題に「日本への好感が満ち満ちてる」「あまりに感動的、だけど…」

配信日時:2016年1月9日(土) 14時0分
拡大
5日、中国のインターネット上で、たった1人の利用客である女子高生のために卒業まで営業を続け、このたび3月末をもって閉鎖することが決まったJRの駅が話題になっている。資料写真。

2016年1月5日、中国のインターネット上で、たった1人の利用客である女子高生のために卒業まで営業を続け、このたび3月末をもって閉鎖することが決まったJRの駅が話題になっている。

その駅はJR北海道の石北本線の旧白滝駅。旧白滝駅は当初、貨物を輸送するために作られたが、数十年前に貨物輸送がなくなると徐々にすたれて行き、現在は1日に2回だけ停車する無人駅となった。同駅には早くから閉鎖の計画があったが、先延ばしにされてきた。理由は、唯一の利用客である女子高生の通学のためだった。1日2回の停車時間は、女子高生の通学時間に合わせて午前7時と午後5時になっている。女子高生が今春、高校を卒業するため、JR北海道は3月26日で同駅を閉鎖することを決めた。

この話が伝えられると、中国のネットユーザーから大きな反響があった。以下は寄せられたコメントの一部。

「本当に感動した!」

「人情味があるな」

「愛があふれてる」

「民族の恨みを別にすれば、日本は本当に学ぶべきところの多い国だ」

「確かに日本のこういう血の通った公益事業は素晴らしい。日本人の精神は学ぶべき」

「歴史と政治を除けば、日本に対しては好感が満ち満ちている」

「これこそ、一国の政府がすべきことだ」

「中国ではあり得ない。中国政府は国民のことを考えるべきだ。口だけでは国民の信用は得られない」

「あまりに感動的だが、いささか悲しい。中国政府もこういうことをしてくれたらなあ。はあ…」

「これが本当の意味での人民への奉仕。金のためじゃない。もし中国なら、こんな“ささいなこと”を気に留める人はいない。中国人は金にならないことの方が大ごとなんだ」

「こういうことをしてもらった子どもは、大きくなったら国のために何かしようと思うだろうね」(翻訳・編集/北田

関連記事

「日本人が作ったアニメは悪い影響を与えるから見るのはやめなさい」=あのおばさんに今、言いたいこと―中国人学生

日本のアニメは中国でも非常に高い人気を誇っている。北京科技大学の楊さんは子どものころに見ていた「ちびまる子ちゃん」から学んだことを作文につづっている。写真は15年7月、北京で行われた放送開始25周年記念フェア。

日本僑報社
2015年11月22日 14時43分
続きを読む

ランキング