安倍首相「反省・謝罪の思いに揺るぎはない、日韓の新時代開きたい」=韓国ネット「心から謝罪するなら…」「人がすべきは敵を愛すること」

Record China    2016年1月7日(木) 20時10分

拡大

6日、安倍首相が慰安婦問題の日韓合意に関連して、反省と謝罪の気持ちに揺るぎないと述べた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はソウルの日本大使館前にある慰安婦少女像。

2016年1月6日、韓国・聯合ニュースによると、安倍首相が慰安婦問題の日韓合意に関連して、反省と謝罪の気持ちに揺るぎないことを明らかにした。

安倍首相は6日の衆院本会議で民主党の岡田克也代表が「(慰安婦問題合意に関して)『おわびと反省の気持ちを表明する』とあるが、首相は一度も自身で語っていない」と述べたことへの返答として、「歴代内閣が反省とおわびの気持ちを表明してきた。その思いに今後も揺るぎはない。子や孫、その先の世代の子どもたちに謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない。その決意を実行に移すために決断した」とし、「日韓両国で力を合わせ、日韓新時代を切りひらいていきたい」と強調した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「日本がドイツと同じように過去を清算していたら、ずっと前から一緒に歩むことができたのに…」

「過去の蛮行をすべて認め、被害者を理解して少女像の設置も認めなければならない。被害者の心に届くようなことを実践してこそ、真の謝罪だ」

「反省、謝罪の意を示しながら、一方で少女像を撤去するように言うのは矛盾している」

「本当に反省し、謝罪しているのであれば、少女像移転の条件をつけるはずはない」

「これは本当に安倍が言った言葉なのか?」

「心から謝罪するなら、韓国国民に直接語ってほしい」

「口先だけの謝罪ではなく、行動で示してくれ」

「日韓新時代がどうなるのか早く知りたい」

「許すか許さないかは神が決めること。人がすべきことは敵を愛すること」

「日本も今の政権でないとこの問題は解決できないと思ったのだろう」

「日本が『申し訳ない』と謝罪した今、日韓の新たな道を開こう!その必要がある」(翻訳・編集/三田)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携