Record China

ヘッドライン:

韓国「植民地時代の歴史を着物で体験」、非難の的に=韓国ネット「慰安婦問題で皆ピリピリしてるのに」「ユダヤ人がドイツの軍服を着るようなもの」

配信日時:2016年1月8日(金) 8時0分
拡大
7日、韓国メディアによると、韓国・浦項市が市内に整備した「近代文化歴史通り」で行われている着物着用体験サービスが、激しい批判にさらされている。写真は和服の女性。

2016年1月7日、韓国・ソウル新聞によると、韓国東岸の浦項市が市内に整備した「近代文化歴史通り」で行われている着物着用体験サービスが、激しい批判にさらされている。

浦項市の九龍浦地区には、戦時中まで日本人漁師などが住んだ日本式家屋が30軒ほど残る。市はこれを観光資源として生かそうと、13年、一帯を「近代文化歴史通り」として整備した。14・15年の2年間で訪れた観光客は34万人余りと人気はいま一つのようだが、3日、ある観光客がSNSに浴衣を着て通りを歩く写真をアップしたのをきっかけに、一気に注目を浴びることになった。怒りの声が市に相次いで寄せられたのだ。

批判の多くは、「日本統治時代のつらい歴史を、日本の着物で追体験するとは何事だ」といったもの。ある歴史学者は「近代文化を体験するなら、車夫や肉体労働者の服装をすべきだろう」と指摘している。

市関係者は、着物や浴衣のレンタルは民間で行っているため市が関与できないとしたが、あるレンタルサービス店の店長は、あまりの反響に「室内での体験に変えようと思う」と「自粛」をにおわせた。

中には「着物体験と民族のプライドに何の関係もない」(ペ・ヨンイル浦項文化院長)と体験擁護の声もあるが、韓国のネットユーザーの多くは市を猛批判するコメントを寄せている。

「まともじゃないにしても、これはひどいね」
「親日売国奴の歴史を体験しろということだろう」
慰安婦問題で国中のみんながピリピリしてるこんな時に、浦項市長や市役所職員はニュースも見ないのか?」
「わざわざ今やることじゃないでしょ」

「これで今までの疑問がすべて解けた。結局、浦項市は日本の衛星都市だったってことだ」
「気味が悪い」
「こんなサービスをしてる店も、着物を着てる観光客も下品だ!むしろ慰安婦や強制徴用、拷問の体験こそつらい歴史体験のはず。それこそが生きた歴史教育だ!」

「ユダヤ人がドイツの軍服を着るようなもの。あきれるよ」
「浦項市長も関係者も日本に追放してしまえ」
「韓国は今、植民地状態なのかな?」
「浦項市と対馬を交換しよう」(翻訳・編集/吉金

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング