香港企業の倒産が過去最多に、中国経済の減速と反中感情の高まりが影響

配信日時:2016年1月8日(金) 21時30分
香港企業の倒産が過去最多に、中国経済の減速と反中感情の高まりが影響
画像ID  496914
6日、金融系情報サイト・Webb−site.comによると、昨年に倒産した香港企業が過去最高を記録している。写真は香港。
2016年1月6日、金融系情報サイト・Webb−site.comによると、昨年に倒産した香港企業が過去最高を記録している。

同サイトのデータによると、2015年には少なくとも前年比111%増の12万1963社の香港企業が倒産した。2015年に新たにできた企業は1万7246社で、2003年のSARS流行以来、最少。香港で登記されている企業の数は前年比で17%減少し、2009年以来の低水準となっている。

ロイターは、「香港は世界金融の中心地であるものの、香港でのビジネスは中国本土の経済状況と密接に関係してくる」とし、「中国経済の減速の影響を今後も受け続けるだろう」と伝えている。

このほか、昨年、反中感情が高まったことで中国人観光客の客足が遠のいたことが香港の小売業に大きく影響している。書き入れ時である国慶節の連休の香港小売業の売上は、前年同期比で40%減となったが、同期間の売上が減少するのは2003年に往来が開放されて以降、初めてのことだという。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事