Record China

ヘッドライン:

一生のうちに見ておくべき日本のアニメ5作品、中国ネットは賛否=「初めて見た時には震えた」「あれが入ってないなんて正気?」

配信日時:2016年1月10日(日) 12時10分
拡大
10日、中国のポータルサイト・網易にこのほど、「一生のうちに見ておくべき日本のアニメ5作品」と題する記事が掲載された。写真はジブリ美術館。

2016年1月10日、中国のポータルサイト・網易にこのほど、「一生のうちに見ておくべき日本のアニメ5作品」と題する記事が掲載された。

記事が紹介しているのは、スタジオジブリの『千と千尋の神隠し』と『火垂るの墓』、『攻殻機動隊』『タオタオ絵本館』『フランダースの犬』の5作品で、それぞれのあらすじや内容、背景などが説明されている。

この記事に、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「これは金を払っても見る価値がある」

「どれも見たことない。もう30代だから、今さらアニメを見る年齢でもない」

「『千と千尋』しか見たことない。急いでほかの4作品を見よう!」

「『火垂るの墓』は2回は見られない。耐えられない」

「『火垂るの墓』は神映画。これを見て泣かない人はほとんどいない」

「日本のアニメは確かに素晴らしい」

「宮崎駿は巨匠」

「『千と千尋』と『紅の豚』がすごく印象に残ってる」

「『ラピュタ』はどこに行った?」

「『ラピュタ』と『もののけ姫』は?」

「『CLANNAD(クラナド)』見たことがある人は手を挙げて」

「『CLANNAD』入ってないなんて正気かよ!」

「やっぱり『AKIRA』だな」

「ジブリは言わずもがな。『攻殻機動隊』はマジでおすすめ!押井守の劇場版はすごいぞ」

「『攻殻機動隊』は神作品。初めて見た時には震えた。『エヴァンゲリオン』も同じく神作品」(翻訳・編集/北田

関連記事

日本アニメに完全に洗脳されてしまった!「日本アニメとはつまり洗脳」「昔の日本アニメは思想や深みがあったが…」―中国ネット

1日、中国の掲示板サイトにこのほど、「1人の中国人として日本アニメに完全に洗脳されてしまった」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はワンピース。

Record China
2016年1月3日 1時30分
続きを読む

宮崎駿さん、辺野古移設に反対する基金の共同代表に=韓国ネット「生ける良心、尊敬する」「日本では反政府的と批判されるんだろうな」

8日、韓国・京郷新聞は、日本のアニメ界の巨匠・宮崎駿監督が沖縄普天間米軍基地の辺野古移設を阻止するため、運動の矢面に立つと報じた。ネットユーザーが注目している。写真は08年8月、ベネチア国際映画祭で「崖の上のポニョ」の記者会見を開いた宮崎駿監督。

Record China
2015年5月10日 18時14分
続きを読む

ランキング